忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒7 #15】「密愛」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason7より第15話「密愛」です。
2009年2月18日に本放送がありました。

感想な回想
えええ、悦子さん・・・!?
しかも漢字が同じだww
まあ、基本的な字というとこれになちゃうんでしょうけど。
笛吹悦子さんは彼女から取ったのかなあ。なんてね。
反面、そうだとしたら、隠し事なく文句も言い合うカイト君は、大丈夫かな。
という気がします。

年を経ての恋
すれ違い
最後の思いやり
誰かに知っておいて貰いたい

よくある話といえばそれまでですけど、ゆえに、感動を誘いますね。
誘われてしまいました。

また、今回は右京さんの相棒が居ない?
もしくは、相棒であると思われた悦子女史が犯人でもあるので、文字通りかつて無い対決だったでしょうか。
その後4シーズンも越えましたが、一番の名犯人は誰でしょうね。そういえば。
浅倉さん・・・と行きたいところですが、彼はやっぱり亀ちゃんにとっての一番の敵であってほしいので。右京さんとしては誰なのかなーって。あ、小野田官房長は除いてwww事件を起こした犯人で。
今回は、ある意味、(知らないこととはいえ)被害者と加害者が結託して探偵を追い詰める話でもあるので、そういう意味でも類の無い対決なのかも。

よく感想で取上げてられていますが、本作品はバックミュージックのクラシックがまた秀逸です。
岸さんのフランス語、また翻訳家という面と合わせて、さながら純文学の世界ですね。
テーマも純愛っぽいし・・・
それだけに、殺人事件というスパイスがとっても切ないです。


粗筋
 大学時代の恩師・悦子(岸惠子)に呼ばれ、彼女の山荘へとやってきた右京(水谷豊)。
借金取りに追われ離れの小屋にかくまっていた榊(国広富之)が自殺したため、その身元を調べて欲しいと悦子から依頼されたからだ。

しかし、右京は榊の死因は自殺ではなく他殺ではないかと言い始める。
遺体を発見したとき小屋は密室状態だったのでそんなことはあり得ないという悦子に、自らの推理を語り始める右京。
本当に殺されたのか?
ならばその犯人は誰なのか!?

相棒史上最高の一騎打ちがいま始まる!
岸惠子の流暢なフランス語も見逃せない。

ゲスト:岸惠子 国広富之
脚本:古沢良太
監督:和泉聖治



パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

拍手

PR

【相棒7 #17】「天才たちの最期」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason7より第17話「天才たちの最期」です。
2009年3月4日に本放送がありました。

感想な回想
自殺に見せかけた殺人。
に見せかけられてしまった自殺。
・・・なんとまあ、相棒世界こそ闇黒ですなあ<ぇ

自殺をすることで抗議になるかどうかは、私にはわかりません。
抗議者本人が満足ならそれでいいのかもしれないし、
(そもそも、抗議以前に、悲観があったからこその選択肢かもしれないし)
自らとは言え、命を絶つ行為自体は好意的には受け止められてくれないかもしれないし、
悲しむどころか、一笑されてしまうかもしれないし。

ただ、それを利用して殺人に見せかけて、恨みを晴らそうって言うのは、
利己的人間ですなあ。おなか真っ黒ww
さすが相棒。
犯人が容疑者としてマークされてないクリリティは毎度のことで。

また、シーズン7ということで、今回もゲストが相棒な話でしたね。
カイト君にそうそう退場してもらうのも嫌ではありますが、
女相棒を見てみたい気もあったりします。


粗筋
出版社の瑛子(黒川芽以)から再捜査の依頼を受ける右京(水谷豊)。
詩人の青年・安原(三浦涼介)が朗読会の舞台上で衝撃の自殺をしたが瑛子は将来有望な彼に自殺はありえないという。

右京は安原の師である城戸(中島久之)と詩壇の重鎮・五十嵐(西沢利明)に事情を訊くが…。
さらに瑛子の上司・堀江(三上市朗)によって明かされる“もう一つの自殺”とは?
詩壇のタブーに迫る右京の前に意外な真実が…!?

ゲスト:黒川芽以 中島久之 三上市朗
西沢利明 三浦涼介
脚本:波多野都
監督:和泉聖治



そのほか検索>>
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

拍手

【相棒7 #4】「隣室の女」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason7より第4話「隣室の女」です。
2008年11月12日に本放送がありました。

以降あらすじのネタバレ注意です
再放送なので一覧からの非表示はやめました。
シーズン12開始以後、本放送の場合にのみ下げようかなと思います。



感想な回想
あけみさん入れ替わりのその後。
というか、入れ替わった相手が殺人事件の容疑者だなんて、だれが想像しますかって言うね。
自業自得といえばそれまでですけど。
かといって、今更元には戻れないという辛さ。
いや、戻ろうと思えば戻れるんでしょうが(真相後は戻ったのかな?)、それはあくまで客観的な意見でしかないというか。

入れ替わりという犯罪?を止めないのはさておいて。
それでもずっと愛し続けてくれている婚約者さんはよいと思いました。
お兄ちゃんにももうちょっと甲斐性があればなー。なんて。
お兄ちゃんは、(別のだけど)事件を起こした割りに、妹に関してはヘタレな感じがしなくも無い。


粗筋
 6年前に失踪した男の白骨化した遺体が発見された。
かつてこの男と不倫関係にあったあけみ(佐藤仁美)が容疑者として浮上するが、凶器に残された指紋が一致しない。

しかし、その証言に些細な疑問を抱いた右京(水谷豊)は薫(寺脇康文)とともに捜査へ乗り出す。
すると、あけみが勤めていたスナックのママから興味深い証言を得る。
さらにかつてあけみが住んでいたマンションではある奇妙な事件が起きていた…。
6年前の殺人事件との関係は?右京と薫が見た真実とは?

ゲスト:佐藤仁美
脚本:岩下悠子
監督:長谷部安春



拍手

【相棒7 #16】「髪を切られた女」

昨日の相棒セレクション(再放送)はseason7より第16話「髪を切られた女」でした。
2009年2月25日に本放送がありました。

以降あらすじのネタバレ注意です
一覧からの非表示は、再放送なのでやめました。


感想な回想
相棒芹沢www
右京さんと芹沢さんって、あんまり接点がないような気もするんですよね。
亀ちゃんとだって、イタミンを通してというか。や、直接の先輩後輩関係でもいいんですけど。
なので、相棒候補は誰だ!?期間中は、まさかの!?と思ったりもした者です。

級友の同僚?
一瞬、級友さんは別に居て、その方の同僚さんなのかと。
級友さんの依頼で芹沢さんが調べようと思った。みたいな。
いやそしたら級友さんの名前ぐらいは粗筋に書くでしょうと思いなおし。
しかし略しすぎというかwww
級友”で”同僚というか級友でもあり現在の同僚でもあるって思わせる書き方をだな・・・(以下中断)

映画のプロは映画のプロ
犯行のプロではないというか。
ゆえに右京さんにみっけられちゃうんですが。
しかし、右京さんは本当細かいですよね。

映画のプロは映画のプロ
ゆえに、作品は感動物という。
こういうエンドもいい。
ついでに、芹沢が相棒になっていたら、イタミンに
とぉーくめぇーいがーかりーの芹沢ぁ~!とか言われたのかなとかずレ妄想。


粗筋
捜査一課の芹沢(山中崇史)がコソコソと特命係にやってきた。
級友の同僚・奈津子が風呂で溺死したが連続髪切り殺人事件の犯人に殺害されたのではないかという。
髪切り殺人犯は自殺したはずだが真犯人が別にいるという噂も騒がれていた。

右京(水谷豊)は奈津子の死を芹沢と調べ直すことに。
すると奈津子は事件当日、ベテラン映画監督の川島(秋野太作)と接触していたことがわかる。
川島が髪切り殺人の真犯人なのか…。
右京が“相棒”芹沢と奇妙な事件の真相に迫る!

ゲスト:秋野太作
脚本:徳永富彦
監督:東伸児




拍手