忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【相棒12 #19】「プロテクト」

2014年3月19日相棒シーズン12は、
最終回
第19話「プロテクト」です。
※3/19(水)はよる8時から放送します。


感想

4月の番組編成期ですなあ。
13までしばしのお別れってんで、他の番組に比べて残念とかそういうのが全くないのってどうなのよというww
それでも、最終回らしいテーマではあったよね。

という感じで感想です


あるものだけど、差し入れです
サービス業ってだけじゃないよねえ。
悦子さん。
4時にカイト君ともども起こされる結果になってしまったのに。
右京さんからの電話ということにも、なんか普通というか。そうかーって感じで。
怒らない。大人だwwwwww

一味に入る覚悟
いまさらって気がしないでもないなあ。右京さんも。
米沢さんを巻き込まないために。という気配りはいいんですけど。
なんか、かつてもっとひどい目に遭わされてるような気すらするのでwwwww
ノリにのって米沢さんも角田課長にそんなセリフでwww
覚悟なんて、そりゃー10年前ぐらいにはもう決まってたんじゃないっすか課長もwww

キミアキっていうんです。
人名ならきみなんとかじゃね?というのは思ってはいたですが、どこかで
コウケンのルビを見てから全然考えもしませんでしたなー。
確かに、キミアキだと一発変換ででるんですわ、公顕。
とはいえ、訓読は難しいので音読みでとおしていたとか、そういうことなんでしょうかね。
死んだあとにわかるってwwwwどういうことwwww
どこかで今までなかったよな・・・
それにしても。
キミちゃん官房長。うーん。
なしじゃないと思ってしまうぜwww

坊ちゃんはそういうことしちゃだめだよ?悪い警察のすることだからね。
イタミンからカイト君への助言??
次男を引き止めておくために、芹沢くんがわざと怪我ぶって公務執行妨害の因縁を付けた件。
・・・公安の人がよくやる手口とかwwww
リアル公安の人ごめんなさいwwww
とはいえ、イタミンとカイト君のやりとりが面白かったのでwww

離反した息子こそ一番・・・
衝撃の事実というか。いろんな意味で。
いろいろ与えてやったのに離れていった。
とはいえ、いろいろ与えてやったが故に、良識とかにもはっきり目覚めちゃってていう感じじゃないのかなあ。
と、いうふうに見えなくもなく。
与えられてない?あんちゃんが、同じ道をいこうとしたというか、行ってることを踏まえてもさ。

いろんな意味で
幼い頃は、実はそうだったのではないのか甲斐家。
つまり、カイト君ばっかり可愛がられているのが気になったお兄ちゃんは、いうことなんでも聞くようになったのではないか。とか。
峯秋とうさんは、別段そのころは差別したいてつもりはないから気づかなくて。とか。
カイト君はある意味、それでやりたい放題に見えなくもないし。
おまけに、成長してくるとまた違うしね。それこそ反抗期とか普通にあるわけで。
でも、お兄ちゃんはそういうのなくて。とか。
んで、気がついたら逆に、なんでも言うこと聞くお兄ちゃんの方が可愛くなってたとか。

おとうちゃんの言うことも信じない
長男のあんちゃん、お父さんに理想を求めすぎになってますね。
まー、詮方ないことではあるかなー。
下手すると、生まれた時から信奉しているようなもんだからね。
そうあって欲しくないっていうのはさ、わからなくはないというか。
好き嫌いとか、そういう意味でのそれではないんだけど、そういう点ではすきだぜーあんちゃん。
というか、おとうちゃん呼びってのがなんだか微笑ましいよね。

防弾チョッキ
三男坊の振りをするっていう時点で、もうCM予告が味気なくなっちまったぜwww
っていうか、右京さんがそんなに怒ってないっていうのとかさ。
直前できづくよ。さ。
カイト君がフラグそのとおりにしたら、右京さんマジギレだと思うんだなうん。
鮮やかに、死体ごっこからの羽交い締めでしたなカイト君。

2弾構えのフェイク
まさかの。いや、あって然るべき展開ですな。
それでも結果的に右京さんの上を行くのが官房長でありますからして。
1番と1番の組み合わせは、逆に在り来りすぎるだろ。とか言っちゃダメですね。
そかー、名前は、その年に一番多く名付けられたものを選定したんですね。
今ある一番多い名前じゃなくて。そこはなんかすごいな。

3番同士かもしれませんよ?
この人、小野田さんの従兄弟というだけあって、なかなか切り返しがうまいわwww
そしてじっさいに、どういう名前なのかは視聴者にも情報漏らしませんよっていう流れもさすがです。つか、子供までいたのか。

「お前らしいねえ」って言うんじゃないかねえ。
官房長が、右京さんの異論についてどういうか。の私なりの回答。
あれこれどうこういうのかはさておいて。
まずは右京さんらしさについて言及するに違いない。と、私なんかは思うんですが、どうなんでしょうかね。

父子の関係について余談
シーズン13の1話スペシャルで、お兄ちゃん登場に激しく期待していいですか!?
そんな感じで。峯秋次長とカイト君の因縁?に何かしらの糸口が見えていきそうな余韻を残していきましたなー。

dってドコモのあれ?
なんというか、つまり有料ってことなのかという。
映画序章。
三浦さんがぴんぴんしてるし、ちょっと気になるよね。
・・・・DVDとかには入っているんじゃないかと穿って期待するというのもありか。
というか、下手すると、来年?の地上波放送時に一緒にやってくれそうな。
だって映画だって有料だけど、一年経てば無料になるし<ひどい




シーズン12関係↓

相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。
一応、放送前なので今後は下げていきます。
過去の日記についてはカテゴリ一覧よりどうぞ。

拍手

PR

【相棒12 #18】「待ちぼうけ」

2014年3月12日相棒シーズン12は、第18話「待ちぼうけ」です。

感想

休暇はきちんとやすまないと
いらぬお節介は不要ということで。
確かにナー。本来休みなのにお手伝いしてあげますって、上から目線ですよね(苦笑)
非番が暇なみなさんくれぐれもご注意ですよww
休みだと悟られなければいいのかもしれないけど。

お休みのないイタミン
事件をいくつも掛け持ちしているらしい。
格好いいイタミンである。
・・・しかし、以前までの、あとウラとか時々みていると、
暇すぎるのでやることがなさ過ぎるのでという、彼のプライベートの酷さ(女関係どころか趣味もない?)が露呈しているというののは彼の名誉のためにだまっておいてあげる私はいい子<いや暴露してるって!

イタミンの名推理!?
現場をじっくりとか、観察とか、細かいところとか。
誰かさんをなぞっているのがネタでもほほえましい。
そして、まねだけではなくてちゃんと結果を出す見解なのがこれまた格好いい。

・・・・本当にとくめいがかりがなにもしていなければ。
(特命が何もしていなかったら、それこそ相棒番外編な番組になっちゃうよねっていう。空気読みすぎというかなれというか。予告段階でそんなわけがあるかと想う俺がつまらん!www)
ま、それでもイタミンが格好いいのは周知であるはずなので別にいいんだが。

国立大学教授の杉下右京
友部さんの見立て。
友部さんが一瞬探偵なのかと想ったが、靴職人は足でその人を見抜くんだそうで。
性格とか、細かいところはあっていたので、半人前というわりになかなか。
というか、それらを重ね合わせて教授、しかも国立限定というのはいささか飛躍があって。
そこが本業探偵との違いなのではないかなと想う。
筋肉とか、出歩きの問題は、それこそ他にも職あるだろうし、性格と職は一致しない人のほうが多いだろうしね。

駆け出しのホストみたいな刑事
カイト君www
まーねー。いきなり軟派はねーwwww
・・・しかしあれだぜユキミさん。警察庁に、ベテランのホストみたいなソンもいるぜ。
と想った人はぜひお友達になりませうwwww

友部という自宅
イタミンたちが乗り込んだとき、可愛そうに。と早くも同情的な視聴していた私である。
それまでのイタミンの鮮やかな推理は格好よかったのよ本当。
まねとか、こっそり聞いてたってわけではないし、正解はそれしかない問題なのだから、仕方がないことなんだけど。
おせー。っていう声が多分、少なくないんだろうなー。という。
そんな不憫なイタミンが大好きです。

靴職人だったのね
ここで彼女と彼の接点もはっきり・・・や、してないけど、これで別の靴職人のことだったらビビルwww
被害者の津久井さんが元従業員ということで、津久井さんのことかもしれなかったという可能性は否定できないけども。
別々の事件とか、あるいは片方が止めを刺した刺さなかったな議論なのか。
そんな風にも考えてはいましたが。
彼女は無関係なんですね。
とはいえ、彼女としては、関係者でありたかった。
というのがメイン軸でもあるのがなんか上手い。

津久井氏との接点
ちょっと失念した。単に悪いことをしたってわけじゃないんだ。
っていうのが相棒のスタンスだというのに。迂闊だったや。
被害者と友部さんの接点ね。
昔、借金背負わせた元従業員という。
そりゃー、動機があるわけだわ。

右京さんとオセロ
不得意だというオセロ
のわりに、得意という友部さんを打ち負かしまくり。
チェスはどんだけ得意なんだよという彼の文句はごもっとも。
しかし、不得意だったということは、誰かには負けたということだと想うんだが、果たして誰に・・・?ちょと気になる。

作りかけの靴だけど
シリアス的オチ
旦那さんが心を入れ替えてくれたかもしれないのに、罪を犯した彼とのその後を望む彼女。
らぶらぶですなあ。
25年の待ちぼうけですからなあ。
まあ、旦那さん、またどーせ浮気再発すんだろうなっていう酷い見解ができなくもないっていうのもあるしねwww

・・・泊まるか?
ギャグ篇のオチ?www
上で、腕を組んで自首する二人の後でこれで吹いたwwwwwwwwwwwwwwwww
二人のラブロマンスをぶち壊すなイタミンwwwwwwwwwwwww
遅くにえーと、蓬莱駅?に着いたイタミン。
芹沢君がカイトパートというか喫茶店に行ったんだなっていう割り振りが面白い。
芹沢君は、お帰りになりましたよで、一旦署に戻って判明してよかったねだと想う。
とはいえ、電話かなんかでお知らせはしてあげてると想うんだが・・・どうかな。
そんなこんなで終電も終わったローカル線駅でひとりイタミン。
イタミンが、いつ、結果を知ったのかがとても気になるwwww

お土産のほしいも
駅長のおばちゃんが薦めているのはなんでだろう?
というか番組としても何でなのwwww
そしてあれはタダなんだろうか?

次回、20世紀からの復讐・・・なんつって!
や、そんなサブタイ過去にあったべ?と想って。
最終回スペシャルでまさかの小野田官房長ねたとは・・・!
カイト君が打たれるのも気になるけど、”相棒”がピンチっていうのはお約束だからなー。
久しぶりに瀬戸内元大臣も登場でどうなることやら。
そういえば、瀬戸内さんの刑期ってどんだけなんだろ。

証人保護プログラム?
なんか、ちらっときいたぞ、聞き間違いか?
名探偵コナン以外で初めて聞いた気がするwww
犯人に知られないように証人の戸籍をがらっとまるっと変えて・・・っていう大仰なものじゃないか。犯人に知られないように保護する。ってとこか。


シーズン12関係↓


相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。
一応、放送前なので今後は下げていきます。
過去の日記についてはカテゴリ一覧よりどうぞ。

拍手

【相棒12 #17】「ヒーロー」

2014年3月5日相棒シーズン12は、第17話「ヒーロー」です。

感想
たつや君をタツヤ君にやらせる件
コレは仕組んだのか否か。
役名と芸名(ヘタすると本名?)が同じという。
先週はお休みだったので、この2週間こればっかり悶々と・・・してもいなかったけど←
竜也と漢字のみ表記だったので、リュウヤの可能性もあったわけですが、期待を裏切らずwww
タツヤさん、名前を呼ばれるたびに気が黄じゃなかったんではないかとwww
とはいえ、演じるより自然体になったか?

れいこさんをレイコさんにやらせる件
たつや君に気をtられていたが。
弁護士先生も同名音かよ!!!っていうwww

俺はヒーローなんかじゃない!!・・・けど
結局轟さんも殺害してないし、弁護士さんも助けた。2回も。
できることじゃねーよな。
・・・俺の獲物だ!とか言ったら面白かったのにと、悪態ついてみてないよ。
麗子さんに近づく口実ということで、実際は法務関係興味ない。みたいな風だったけど、こういう人がなってほしいなと想ったり想わなかったり。

弁護士の真実
たつや君が復讐できなかった理由。
そういえば。弁護士さんで悪役ってあんまりきかねーな。相棒。
かおり弁護士がいまだに強烈なっていうのもあるけど
今回の麗子さんも、実はいろいろがんがえた挙句という。
会社が賠償金を遺族にきちんと払えるようにするために、会社への風当たりを弱くした。
確かに、よしあしかもしれないけど、完善なんてうまいことできないから、その中での折衝案かもいれなくても、よいと想う。個人的には。
まあでも、真犯人からしてみれば、賠償金より真実公開のほうがよかったのかもしれないけど。

不発的右京さんの暴走正義
そういえば。
真実隠蔽なのに、今回怒らなかったなって。
そういう意味でも、麗子さんの案はどちらかといえばよいことに入るのではないかなと。

だれだっけこのおっさん?
今回の真犯人さん。
まさかの、名刺を上げただけの関係者さんだと想ったら。
事故被害者遺族だったってwwwwww
相棒怖いwwww
っていうか、多分、事故の資料もきちんと映してくれたのかどうなのかっていう記憶なので、
これで気づいた人は、観察眼がかなりのものだといってもいいのではないかと想う。
犯人もそうだけど、竜也君と事故被害者も、
その関係性について直接見れる機会があまりなかったので、今回の話は視聴者推理にはむかない・・・かなあ。

船長が辞めて大変なだけだ。
本当にそれだけ。それだけだった。
事故の真実。
船長さんの、乗客を巻き込んでの心中?自殺。
奥さんには悪いけど、会社の責任というのも本当だけど、
お客さん巻き込んでっていうので、この人がやっぱ一番悪いような気がしてしまう…
一人でやれっていうのも変だけど、お客さんを巻き込まなければ、竜也君も、スガイさんだっけ?真犯人さんも、今回相棒に出るなんて事が無くて済んだので。
麗子さんも悩まなかったろうし。

カイト君にとってのヒーローは?
今後峯秋ぱぱんがそういうっていうフラグだったら楽しいのになー。
そして、視聴者は知ってるとはいえ、幸子さんのヒーローが右京さんっていうので、やっぱりこいつら関係が怪しい?というのがまた出てきそうな。

次回、ぶらりとどこかへ?
いないところで角田課長に嫌味言われてますけど、どこかへお出かけなんですかねー。
止めてみせるとか右京さん言ってるけど、自殺系か?
白い靴のデザイン画?絵は何を物語るのか。


余談:事務所じゃないところへ行ってきます
麗子さんからの警察への苦情の件で、部長から恒例のおこごと。
特命の監視も捜査一課の仕事なんだって。大変だねww
行くなという部長に対して、右京さんからの切り替えし。
”ご心配なく、二度と行きません。”
といって去っていき、参事官の、”どこへ行く!?”に対しての上。
”事務所じゃないところへですよ。”
もうスルーどころじゃないなこりゃ。カミガカッテる。
・・・一緒にお小言食らっていたイタミンと芹沢君、笑いをかみ殺すwwww


シーズン12関係↓

相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。
一応、放送前なので今後は下げていきます。
過去の日記についてはカテゴリ一覧よりどうぞ。

拍手

【相棒12 #16】「聞きすぎた男」

2014年2月19日相棒シーズン12は、第16話「聞きすぎた男です。
そろそろこのシーズンも終わりが近づいてきましたな。

感想
一人身のヲタでもいいのに
メインゲストの小曾根さん。
実は元エリート会社員で開発研究のために妻子を捨て気味で没頭中…。
今回、ハッピーエンドに持っていって、相棒らしくなくね?と酷いことを思った視聴者だよ。
独りでこっそりもっそりなんかやってて、そのキャラのまんまエンディングまで…とか思っていたんだけど。
あー、米沢さん、怒らないでwwww
(思えば、結構被るところがあるから避けたのかな)

エリートのワクワクの見つけ方
なんで小曾根さんがそういう設定というか結末になったのかといえば、事件との対比からというのに終わってから気がつきました。
今回の事件の被害者も、エリート会社員さん。
事件自体は事故ですが、奥さんがそのマンネリな生活に飽き飽きして、ワクワクを探すために発明…ではなく、麻薬に手を染めてしまっていて・・・という流れ。
エリートも高級住宅もいいのは最初だけ。とは奥さんの言葉で。
必ずしも、小曾根さんの生き方が正しいわけではありませんが、こっちはダメダメですよね。
という辺りは、完全に好いという選択肢がないのは、やっぱりさすが相棒なのかww

白金で情報が
まさかの部長のニアミスwww
被害者の捜索願が白金の所轄署に提出されているのを特命の誘導尋問?にてあっさり白状してしまう。
思わず吹いちゃったよ。
久しぶりに雷が落ちるかと思ったら、墓穴掘っちゃったのね。

盗聴器は一人とは限らない
常務さんだっけ?上司の方も盗聴器つけていたっていうのは驚きだった。
小曾根さんだけとは限らないっていう。
すわ、常務さんが犯人なのか!?と思ったけど、それだけの人。
じゃあなんでそういう立場で出てきたのかといえば、被害者を探す重要な手がかりではあったわけで。ふむうう。


幸子さんは思い込みが激しい
んだそうですねww
それにしても、相手の方に罪悪感を抱かせる勘違いっぷりはもうさすがですwww
それもまたこのお方の可愛いところではあるんですけど。

そういえば、右京さん発言ってしてる?
ずっと、気になっていて、でもこれ書くときには忘れているという奇妙な特殊能力を発動してしまっていたんですがようやく書きます。
右京さんの友達の回で、カイト君が右京さん呼びをするに至りましたが、それ以降、言ってます?
そもそも、名前を呼ぶという機会自体がないような気がするんですが、今日は杉下さんとか言ってましたか?あんまりj記憶にないのですけど。

次回???
よくわからんかったwww
カイト君が、ゲストさんをまた助けて(そういうの少なからずという気が)、事件にかかわっていくっていう感じなんですかね。

エリートの悲哀?
今回のテーマってそういうことなのかな?
世俗への突っ込みっていう感じがあんまりしない。どこの世界でも取り扱われてそうなネタっていう感じがして、ゆえに、最近のテーマに比べると、いささかつまらない感がなくもなく。
・・・それこそ、大事件ばかりというマンネリを防ぐための小休止的ソチ…措置なのか。
そして、ある意味エリートからのハズレものである右京さんがそれにかかわるというのも、乙といえば乙ではある。

一方で、情報操作もしくは勘違い
小曾根さんが、そもそも事件に首を突っ込むことになった、情報漏えいの件。
実際は、たいしたこと・・・全部もれに比べればの話ですが、という規模だったので。
雑誌の記事に踊らされとうか、きちんとした捜査のない段階でみんなおおげさにあわてちゃったっていう。
情報はじっくり確かめてから使いましょうってことで。


シーズン12関係↓

相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。
一応、放送前なので今後は下げていきます。
過去の日記についてはカテゴリ一覧よりどうぞ。

拍手

【相棒12 #15】「見知らぬ共犯者」

2014年2月12日相棒シーズン12は、第15話「見知らぬ共犯者」です。


感想

今日はなんというか、真剣で辛辣でまじめ方向に痛い感じなので宜しくお願いします。
や、軽く書くなというのがそもそも今回のテーマっていうこともあるけどね。
とかいって、軽く書いていたらこれまたすいませんww


わざわざいくなよ
有村さんも大倉さんも、過去のことを謝れって思うのはいいけど、わざわざ本人に言いにいくことはないと思うんですよ。と。
まあ、大倉さんは、それ以外に方法がないというのは下記参照でしたが。
有村さんの場合、何もしなくても、もしかしたら、山路さん、褒める記事書いたんじゃないのか?っていう疑問がなくも無いんですよね。
その上で、昔こいつ俺のことバッシングしたっていえば、復讐になったんじゃないかと。
ことあるたびに書いてるような気がしますが、
何もしないことこそ復讐というか。なんというか。
やりかえすというのは、相手程度の立場に堕ちることでしかないので、行為としては復讐なのですけど、結果的に何にもなら無いってことらしいんですわ。
有村さんも余計なことだったんじゃないかなー。という気がしなくも無いです。
酷い話ですが、有村さんが行かなければ、大倉さんがやっていたということもコミコミで。

それでも演技をしたい!!
そこで罪を認めてうなだれないで、強引にいく。というのはすがすがしいと思った。

神は見ているか
罪を隠してまでする演技、神様はそんな機会を与えてくれるのだろうか?
容認するのだろうか?
と、これまた右京さんの辛辣な問いですが。
・・・・さー?神様的にはどーでもいいんじゃねー。
とか、酷い感想ですいませんwwww
ふふふ、でもねえ。神様どっちでもいいと思うよ。

歩けないシーンはいらなくないか?
右京さんの、あれこて言って、あなたは歩けるんですか!?
のシーン。
直後、有村さんが本当に歩けなくなる。
って、過剰じゃネーかと思うんですが…(汗)
右京さんにあれこていわれて、今まで耐えてきていた、とはいえ溜め込んできていたその重圧を改めて再認識されて、それでつぶれちゃって…
みたいなのはわからなくも無いんですけど。けど、ねえ。
大げさっていうか。なんていうか。

普通の市民はどうすればよかったんですか!?
の大倉さんの悲痛に、右京さんが答えない件。
奈津さんと有村さんとの関係について聞き返したのは、ともするとはぐらかしにみえる。
珍しく右京さんも回答に困ったのか否か。
もっとも、右京さんが何か言ったとしても、それは右京さんだからこそ言えること・できることであって…というかもわからない。俺も含めて。
それがわかっているから、あえて右京さんは答えなかったのかもしれない。

かばった理由
かつてバッシングの憂き目にあったお嬢さんの憧れていた俳優さんだったから。
あの人だけでも助けようとおもったけど無理だったよ…
と、娘さんに向けて懺悔するシーンは、なんか好かった。

かばってない理由
鏡に映ったのは、まぎれもない自分自身。
うまい演出だなあと思ってしまいました。
娘さんのため(に庇った)というのも理由ではありますが、本人がいったとおり、有村さんが来なければ、それは自分がやっていたことだから。
鏡に映った自分を見ているような感じ。
有村さんが来てしまったがために、実行することはなかったわけですが、殺意は確かにあったわけで。ある意味、自主は正当だったのかもしれないですね。

風刺的な何か
過剰な批評・便乗市民・マスコミのマスゴミ化へのってところではありまするが。
とはいえ、今日の相棒ですらも、面白おかしく発言するやからがいないこともなし。
逆に誰も、別段、本気でとめようと思っているわけもなし。
ぜひもなし。なにもなし

下手すると是
是非もなしって書いたけど。
世の中なくならない。というか、それがないと世の中つまらない。
当然のごとくという意味では、確かに是非を問う話ですらないのか。

このバッシングはフィクションです。
どこの雑誌にも、そんなことは一切無いからねえ。
せめて、この批評はあくまで筆者の価値観に基づくものです。ってぐらいはねえ。
というか、書いてなくても知らないとねえ。
一個人のレビューとどこが違うのかという。
そこはやっぱり便乗市民が一番悪い気がしなくも無い。
批評家もマスコミも金のためだから。
便乗市民は無邪気に無欲に無自覚にやるから。
まあ、みんな悪いが大前提なのは言うまでも無いけどね。
めくそが鼻くそを悪いといってもせんかたないことですな。

忘れていた理由
ところで。
有村さんが決定的に殺意を抱いた話で、
過去に悪口書いたことなんて覚えてない。
と、山路さんに言われてしまうわけですが。
冒頭のほうで、雑誌社の人が、
山路さんの名前だけ借りて記事を書いている。
っていう疑惑がでましたよね。半ば確信になりましたが。
山路さんに許可はもらっているとのことですが、ゲラだっけ?下書きみたいな感じの段階のことですし、もしかして、すこしばかり変えてしまってるんじゃないの?
山路さんが覚えていないのは、実は名前だけ貸した記事だったからじゃないの?
確かに普段から辛口悪口書いている山路さんでしたが、本当は、書いた人が別にいるんじゃないの有村さん?
なーんてことになったら恐ろしいという伏せネタがありませんか相棒。
本当の、下書きした人がガタブルしていたりしてな。
有村さんの記事以外の下書きの人(複数人はいそうだ)は、山路さんだけが自業自得とか言われて、誰も気づかねーと嘯いているのか否か。
だって結局名前だけネタ、多分それ以降触れて無いぜ。ふふふふ。
・・・おーこわ。
っていうのが相棒ではありそうだと思う穿ったファンが通ります。


次回、盗聴器!?
来週は比較的コミカルかなあ。
盗聴器ヲタ!?てなにごとだけどwwww
いや、盗聴器とは限らないんだろうけど、マニアックな人がでてきますね。幸子さんが不審なカレを発見しちゃって、事件にもかかわってきて…ってところか。
今後、再登場の気配が早くもするのは気のせいでしょうかwwww

プレゼント企画が最近多いな。
つか、今回だけで前売りと小説・ファンブックと2企画あるし。
応募しましたよーもちろん。

そんなかんじでこの感想は私的にはノンフィクションですが、万人にはフィクションな方向で。
というのもまた、便乗なのですなあ。

シーズン12関係↓

相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。
一応、放送前なので今後は下げていきます。
過去の日記についてはカテゴリ一覧よりどうぞ。

拍手