忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【相棒11 #10】「猛き祈り」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason11より第10話「猛き祈り」です。
2012年12月19日に本放送がありました。

今日も再放送やります!
前後編。前編は前日記でどうぞ!
http://tokumeigakari.no-mania.com/s11/1109

あ、想ったけど、今日もやるのはカイト君が主演でお化け屋敷に入り込んで大変な音になったからだったりしますかね?<いろいろと全然違うから


感想な回想
即身仏
まさかの、人の生死を誰が決めるのかネタ。
年末に困難・・・こんなんもって来てさすが相棒ですか!
と、イヤミ混じりに言った覚えがあります。本放送時。
安楽死どころか・・・と書いたら失礼かもしれないけど、でも同等以上ネタ。
自分で死ぬと決めた人と容認すべきか否か。
しかも、いいこと?のために。

即身仏は苦行とは言え、でも静かな行為。
ゆえに、伏木田さんの「猛き祈り」がより伝わってくるような気がします。
静かなる怒りの方が怖いとはよく言ったもので。

世間の苦を嘆いて、自ら人柱とあらんと
なんてね。
しかし、どうなんだろうなあとも。
私はそこまで信心深くない上に、オカルト現象スキーだけどもあったことがないので(右京さんみてえだな)、
即身仏になって祈り続けたところで、果たして世間は救われるのか?
ねえよね。
といってしまう方の人間なんですよね。
「猛き祈り」には感動めいたものを感じたものの、所詮はそこまでというか。

カイト君と右京さんの想い
それとはまた別に。
個人的には、その想いは良いと思うけど、自分は警察官だから、ほおっては置けない。
という、右京さんとカイト君の言い分は、逆に?良かったと思います。
即身仏は、あるいみ、弱いものを救う、正義の行為であるはすなので。
先がないとわかったとはいえ、自らの命と引き換えに、苦痛と引き換えに、他者のためにという想いはよいんでしょう。
でも、誰かを死なせることは、たとえ望んだ自殺であっても、それを見過ごすことはできない。
うーん。格好良いですねえ。
そういう正義は好き。

伏木田さんの逃げ勝ち
カイト君の記憶を頼りに、探しますが、
結局、即身仏の場所は見つからずじまい。
3年経ったら来てくださいというお嬢の言葉は意味深です。
いや、なに。ほれ。シーズン14とかでやるのかなーって<そういう意味じゃねーし

お前は誰だよ
余談。
こんなに真剣に覆いを語る本筋の裏で、
組対5課の面々。
記憶喪失のカイト君に、イケメン俳優を名乗る怪しい人物ってwwwwなんなのwww
うん、違うの解ってるよ記憶喪失でも。
角田課長がノリノリすぎますwww
そこへ幸子さんも入り込んでwwww
しかも、結局最後まで正体明かさずにってwwwww
直前に、関係者の人が名乗りもせずにやってきたというのが、よけいに拍車かけてますよね。

馴れ初めは大喧嘩
余談2
図らずも?カイト君と悦子さんの馴れ初めが明らかになりましたね。
悦子さんは、喪失時のカイト君になんだか脚色したお話をしましたが、実は大嘘で。
ぜんぜんドラマチックじゃなかったんですね。
でも、その方がらしいというか。
悪態つきながらも、記憶戻った。よかったね。なお二人は好きです。

お兄ちゃん!?
余談3
カイト君はお兄さんが居るとか。
お母さんとともに海外に居るとのことで。
シーズン11では結局登場してくださいませんでしたが、期待しています。
・・・本放送時、お兄さんは仕事上海外に居るんだけど、ご両親は中が悪いので、お母さんはお兄さんのところへ家で状態だと面白いとか書いた覚えがありますwwww私も大概酷いwww
や、峯秋父さんは仕事人間な感じがするので、家族おざなりっていうか。
実際、カイト君も悦子さんと半同居だし。実際嫌いだし。
そこらへんもやって欲しいなー。とかね。
・・・未だに、右京さんが一番謎なのはまあもういいや<ぇ


粗筋
 何者かに暴行を受け、記憶喪失になってしまった享(成宮寛貴)。
やはり「まろく庵」の人間たちが享と関わりがあったことは間違いなさそうだ。

 伊丹(川原和久)らは入院中の享に「まろく庵」の生方(山本學)、坂口(ウダタカキ)、榊(相葉弘樹)らの写真を見せ、彼らが全員過去に犯罪での逮捕歴があることを説明する。
そんな人間たちと享の間に何があったのか改めて質問するが、享はやはり「鈴の音」以外は思い出せないという。

 一方、右京(水谷豊)は「まろく庵」周辺で聞き込みをする。
近くの商店の女店主の話では、生方と行動をともにする真智子(柴本幸)の父・伏木田はガンを患っていたが入院もせず、医師に往診してもらっていると聞いていたという。
その女店主がやせ細った伏木田を最後に見たのは、半年ほど前だったとか。

 伊丹らが家宅捜索令状をとり、「まろく庵」へ乗り込んだ。
右京も伊丹らに合流したそのとき、生方が「享を半殺しの目にあわせたのは私です」と自供するのだが…。

 生方の不可思議な自供の裏に隠された驚くべき真実とは? 
窮地に陥った享を右京は鋭い推理で救えるのか!?

ゲスト: 
柴本幸 山本學 ウダタカキ 梶原ひかり 相葉裕樹 末広透 尾高杏奈
脚本:輿水泰弘
監督:安養寺工



パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

拍手

PR

【相棒11 #9】「森の中」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason11より第9話「森の中」です。
2012年12月12日に本放送がありました。

今日も再放送やります!
んー、12が近いのか?土日にあるとなにか勘ぐりたくなる。
僕の悪い癖←
前後編。で、後編も本日再放送です。

感想な回想
カイト君まさかの負傷ってか、記憶喪失!?
というのがメインだと思っていました。
このときまでは。

ネタバレ全部書きたいので、感想詳しくは後編で!!


粗筋
 享(成宮寛貴)が瀕死の状態で病院に運び込まれた。
恋人の悦子(真飛聖)によると、享は悦子にキノコ鍋を作るため山奥にキノコ狩りに出かけたらしいが、なんらかの事件に巻き込まれたらしい。
何者かに激しい暴行を受け、意識不明のままで予断を許さない状況だ。
右京(水谷豊)は伊丹(川原和久)ら捜査一課と捜査を開始する。

 大けがをしている享を119番通報をしたのは女性。
しかし、自分の名前も告げず、公衆電話からの通報であることがわかった。
どうやら身分を知られたくなかったようだが、ということは、第三者ではなく事件の関係者である可能性が高い。
右京は病院の看護師から受け取った享の指に絡みついていた長い茶色の毛の鑑定を米沢(六角精児)に依頼する。

 生死の境をさまよっていた享だが、幸いにもなんとか意識を取り戻したのだが…。
 享はただ一つ、「鈴の音が聞こえる…」としか口にしない…。

 享から証言を得られなければ捜査を続けるしかない。
右京と伊丹らは享が発見された郊外の現場へ行き、119番通報に使われた公衆電話を調べる。
そこを糸口に右京は独自の推理を展開、キノコ狩りとの関連から森の中への捜索を開始する…

 享はなぜこれほどまでの暴行を受けたのか?
森の中で手がかりは見つかるのか…
右京の名推理が光る!!

ゲスト: 
柴本幸 山本學 ウダタカキ 梶原ひかり 相葉裕樹 末広透 尾高杏奈
脚本:輿水泰弘
監督:安養寺工




パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

拍手

【相棒11 #11】「アリス」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason11より第11話元日スペシャル「アリス」です。
2013年1月1日に本放送がありました。

本日はスペシャル一本!
っていうか、前回に引き続き元日SPですね。なにかあるのかな。

感想な回想
ゲストの中に、アリスさんがいるのは、なんかの因縁なんでしょうかね。
まあ、大人の事情はおいておくにしても。

意外な犯人というのは相変わらずで。
また、朋子さんに始まり朋子さんに終結するというのもなんだかすっきりするような、痛ましいような。その好奇心ゆえに、全部を失うハメになろうとは・・ってところが。
そもそも、元ボーイさんも、富豪のご遺族の方も、ふびんっちゃーふびん。

ボーイさんは主人のためを思えばこそで、実際、これまでもずっと苦しんできて、という結果。
右京さんたちに真相を明かされても、時効はとっくに過ぎているわけで、死を選んでしまったというのはある意味でしょうがないのかもしれない。

一番悪な感じだった、富豪の遺族さんは、復讐という意味ではお怒りごもっともですね。
ホテルオーナー一族がそのまま隠しちゃってたんで・・・
子孫はそもそも誰も知らなかったわけですから、逆恨みともそれちゃいますのがまた不憫・・・
オーナー一族もいろんな被害をこうむっていたということがメインになってしまっているので、被害者面が強いのですが、彼からしてみれば、そんなことは知ったことではないわけで。

っていうか、前にも書きましたが、登場人物の想い人が右京さんにそっくりなのはあんかあるんですかねー。
しかも今回は、ちゃんと出てくるって言うか、ちょいやくとは言え水谷さんまさかのダブルキャスト
そっくりさんは、この世に自分以外で2人居るらしいですが。
あ、でも、お二人ともすでに故人なので、また出てくる可能性があるわけか。怖いwwww


粗筋
 今から57年前の昭和30年(1955年)12月24日のクリスマスイブ。
郊外にある早蕨村(さわらびむら)。
小規模だが贅を尽くした美しいホテルのロビーに2人の少女が元気に姿を現した。
宿泊客で橘・元子爵の令嬢・瑠璃子(広瀬アリス)とホテルのオーナー、二百郷(におごう)洋蔵(伊藤聡)の娘・朋子(上間美緒)だ。
ふたりは森の中へと散策に出かけていく。
しかし、瑠璃子は忽然と姿を消し、朋子は一人森の中に取り残されてしまう。
瑠璃子は一体どこへ消えてしまったのか?

 平成24年(2012年)12月24日。
ロンドンのある邸宅。
75歳になった朋子(酒井和歌子)が息を引き取った。
その朋子の臨終に立ち合った弁護士の石川(遠藤たつお)から右京(水谷豊)へ連絡が入った。
実は朋子と右京は旧知の仲だった。
いまわの際に「ヒナギクじゃなかった。茜が危ない。あの子を助けて」という謎の言葉を残して…。
茜(波瑠)は両親を亡くしてから二百郷家の当主として旧早蕨村の屋敷で生活している。
茜にとって朋子は大叔母にあたる存在だ。
茜とは一度も会ったことのない右京だったが、石川の連絡を受けて、さっそく茜が住む二百郷家の屋敷へ享(成宮寛貴)とともに向かう…。

 茜に失踪事件について話を訊くと、瑠璃子が失踪した日は彼女を探すどころではなく、その夜にはその豪華ホテルが火事で焼失してしまったというのだ。
朋子は救出されたが、朋子の両親は焼死。
朋子にとって痛ましい事件が同じ日に2件も起こったことになる。
さらに朋子の予言通り茜が何者かに狙われているようなのだが…。

 半世紀以上前の昭和30年(1955年)、早蕨ホテルで何があったのか? 
謎の解明を進める右京と享は、やがて何者かに狙われ…。
右京が事件を解明していく中で手に入れた瑠璃子の英国式スクラップブックに残されていた「不思議の国のアリス」の挿絵。
そこに隠された秘密とは!?

 時空を超えた壮大なスケールでお送りします。

ゲスト: 
波瑠 滝藤賢一 藤田弓子 中原丈雄 酒井和歌子
脚本:太田愛
監督:和泉聖治



他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

拍手

【相棒11 #12】「オフレコ」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason11より第12話「オフレコ」です。
2013年1月16日に本放送がありました。

イタミン企画とは言えまさかのシーズン11再放送!
早いなあwwww
イタミン恋物語を見逃した方はどうぞ!
映画祭新作、X DAYは明日から公開です!

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ


以降ネタバレ注意です

拍手

【相棒11 #19】最終話「酒壺の蛇」

今日の相棒season11、第19話(最終話)最終回2時間スペシャル「酒壺の蛇」です。
2013年3月20日放送

早いものでもうそんなですか。
映画もそうですけど、シーズン12をすでに楽しみにしています。
当ブログは、今後もセレクションや、未記載の感想、各キャラクターについて書いていくつもりですので、12までの期間も変わらず、ご愛顧のほどお願いいたします。

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

以降ネタバレに注意です。


拍手