忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒11 #10】「猛き祈り」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason11より第10話「猛き祈り」です。
2012年12月19日に本放送がありました。

今日も再放送やります!
前後編。前編は前日記でどうぞ!
http://tokumeigakari.no-mania.com/s11/1109

あ、想ったけど、今日もやるのはカイト君が主演でお化け屋敷に入り込んで大変な音になったからだったりしますかね?<いろいろと全然違うから


感想な回想
即身仏
まさかの、人の生死を誰が決めるのかネタ。
年末に困難・・・こんなんもって来てさすが相棒ですか!
と、イヤミ混じりに言った覚えがあります。本放送時。
安楽死どころか・・・と書いたら失礼かもしれないけど、でも同等以上ネタ。
自分で死ぬと決めた人と容認すべきか否か。
しかも、いいこと?のために。

即身仏は苦行とは言え、でも静かな行為。
ゆえに、伏木田さんの「猛き祈り」がより伝わってくるような気がします。
静かなる怒りの方が怖いとはよく言ったもので。

世間の苦を嘆いて、自ら人柱とあらんと
なんてね。
しかし、どうなんだろうなあとも。
私はそこまで信心深くない上に、オカルト現象スキーだけどもあったことがないので(右京さんみてえだな)、
即身仏になって祈り続けたところで、果たして世間は救われるのか?
ねえよね。
といってしまう方の人間なんですよね。
「猛き祈り」には感動めいたものを感じたものの、所詮はそこまでというか。

カイト君と右京さんの想い
それとはまた別に。
個人的には、その想いは良いと思うけど、自分は警察官だから、ほおっては置けない。
という、右京さんとカイト君の言い分は、逆に?良かったと思います。
即身仏は、あるいみ、弱いものを救う、正義の行為であるはすなので。
先がないとわかったとはいえ、自らの命と引き換えに、苦痛と引き換えに、他者のためにという想いはよいんでしょう。
でも、誰かを死なせることは、たとえ望んだ自殺であっても、それを見過ごすことはできない。
うーん。格好良いですねえ。
そういう正義は好き。

伏木田さんの逃げ勝ち
カイト君の記憶を頼りに、探しますが、
結局、即身仏の場所は見つからずじまい。
3年経ったら来てくださいというお嬢の言葉は意味深です。
いや、なに。ほれ。シーズン14とかでやるのかなーって<そういう意味じゃねーし

お前は誰だよ
余談。
こんなに真剣に覆いを語る本筋の裏で、
組対5課の面々。
記憶喪失のカイト君に、イケメン俳優を名乗る怪しい人物ってwwwwなんなのwww
うん、違うの解ってるよ記憶喪失でも。
角田課長がノリノリすぎますwww
そこへ幸子さんも入り込んでwwww
しかも、結局最後まで正体明かさずにってwwwww
直前に、関係者の人が名乗りもせずにやってきたというのが、よけいに拍車かけてますよね。

馴れ初めは大喧嘩
余談2
図らずも?カイト君と悦子さんの馴れ初めが明らかになりましたね。
悦子さんは、喪失時のカイト君になんだか脚色したお話をしましたが、実は大嘘で。
ぜんぜんドラマチックじゃなかったんですね。
でも、その方がらしいというか。
悪態つきながらも、記憶戻った。よかったね。なお二人は好きです。

お兄ちゃん!?
余談3
カイト君はお兄さんが居るとか。
お母さんとともに海外に居るとのことで。
シーズン11では結局登場してくださいませんでしたが、期待しています。
・・・本放送時、お兄さんは仕事上海外に居るんだけど、ご両親は中が悪いので、お母さんはお兄さんのところへ家で状態だと面白いとか書いた覚えがありますwwww私も大概酷いwww
や、峯秋父さんは仕事人間な感じがするので、家族おざなりっていうか。
実際、カイト君も悦子さんと半同居だし。実際嫌いだし。
そこらへんもやって欲しいなー。とかね。
・・・未だに、右京さんが一番謎なのはまあもういいや<ぇ


粗筋
 何者かに暴行を受け、記憶喪失になってしまった享(成宮寛貴)。
やはり「まろく庵」の人間たちが享と関わりがあったことは間違いなさそうだ。

 伊丹(川原和久)らは入院中の享に「まろく庵」の生方(山本學)、坂口(ウダタカキ)、榊(相葉弘樹)らの写真を見せ、彼らが全員過去に犯罪での逮捕歴があることを説明する。
そんな人間たちと享の間に何があったのか改めて質問するが、享はやはり「鈴の音」以外は思い出せないという。

 一方、右京(水谷豊)は「まろく庵」周辺で聞き込みをする。
近くの商店の女店主の話では、生方と行動をともにする真智子(柴本幸)の父・伏木田はガンを患っていたが入院もせず、医師に往診してもらっていると聞いていたという。
その女店主がやせ細った伏木田を最後に見たのは、半年ほど前だったとか。

 伊丹らが家宅捜索令状をとり、「まろく庵」へ乗り込んだ。
右京も伊丹らに合流したそのとき、生方が「享を半殺しの目にあわせたのは私です」と自供するのだが…。

 生方の不可思議な自供の裏に隠された驚くべき真実とは? 
窮地に陥った享を右京は鋭い推理で救えるのか!?

ゲスト: 
柴本幸 山本學 ウダタカキ 梶原ひかり 相葉裕樹 末広透 尾高杏奈
脚本:輿水泰弘
監督:安養寺工



パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

拍手

PR