忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

8月8日セレクション【相棒09 #06】「暴発」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason9より第6話「暴発」です。
2010年12月1日に本放送がありました。

今日の2本は
season4より第3話 「黒衣の花嫁」
http://tokumeigakari.no-mania.com/s4/0403
season9より第6話「暴発」
こちらは
2013年02月05日に再放送をしていました。ので、粗筋は当時の記事からお願いします。

粗筋
http://tokumeigakari.no-mania.com/s9/0906



感想的な回想

追加をば。

今日は組対5課のお手伝い
なかなか少ないからなあ。
でも、毎回やってるとマンネリもするし。
このタイミングってどう決めてるんでしょうかねwww

右京さんの暴走阻止!
久しぶりに着ました、暴走正義!
殺人を犯してしまったのなら、平等に裁きを、罰を受けさせるべき。
ある意味、正当で、ある意味酷い話。
ゆえに、”暴走”した正義。
を、証拠隠滅もろもろで、どうにかこうにかソンが抑えたという話。
阻止にたいして、怒りまくってというわけでもないあたり、右京さんも、ソンの言い分を理解しているのかな?と思うのがなんだか相棒してるなあ。と思う。
ソンも一応、謝っているし。

殺させるのは殺人罪か否か
仲間を庇うために、自らを殺させる。
結局、サブタイトルの暴発。扱いで書類送検になりましたが。
ああ、そうか、本当に暴発でいいのか?っていう問いを含めているのですね。
同時に、右京さんの暴発もあるのかな。深いなぁ。

守るために罪を負わせる
こういうのは、よくある話(もちろんフィクションでですが)ですが、
被害者に罪を負わせる法がない
というのも、ちと問題なのではないかなと。
仮に遺書か何かで、残したとしても、”実行犯”には変わりないわけで。
何より、被害者は被害者なので、命を代償にしているとも言えるし、実際そうなんだけど、
でも、命を代償にして仲間を庇ってるのに、法はその仲間を裁くというか。
なんか変な気持ちです。
結局、命を奪ってしまったのは、加害者の弱さなんでしょうか?
他にどうにかすることができたんでしょうか?

一方で
今回の場合は、潜入捜査がばれることを覚悟の上で・・・?
そんなことのために、自分を殺させる。
ってのは、やっぱり被害者さんがよくないよなー。
説得を頑張ればよかったと言っていいものか否か。
俺にはできません。ばれてもいい。って言ったら、自決しそうな気すらするし。
右京さんがどっちかの立場だったら、どうするだろうね。
やっぱり今回の信念を、ばれることを選ぶのかな。断固として殺しはしないさせないを貫くのかな。




拍手

PR