忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒8 #17】「怪しい隣人」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason8より第17話「怪しい隣人」です。
2010年2月24日に本放送がありました。


感想な回想

連れてってよー!なソン
シーズン8なので、ちょっとしたことでも調査に関わるし付いていきたいんでしょうね。
(今回は、事件発生ではなく、遺留品の返品。)
反面、右京さんとしては、まだ疑いというかしつこいというか若干嫌いというかwww
あるいは、ソンの推理力ならどこへ言ったかすぐ解ると信じて・・・居ないかwww
とはいえ、おいてけぼりだけならいざしらず、気になっちゃった点の調査依頼、つまり、つかいっぱしりまでさせられて、悪態つきまくりでした。

保険屋の杉下
演技の演技。とはいえ。
あの屁理屈笑顔で迫られたら、多分多くの人は注文してしまうに違いない(笑)
屁理屈といえど理屈の範囲、しかも精密に論理立ててるもんだから、逃げるところを探すのも人苦労だなきっと。
本当に保険屋だったら、もう間に合ってますから!で引き下がってくれないに違いない。
あるいは、ぎゃくに、一旦引いてみるなんてこともしそう。

また、こういうときの相手、今回は怪しい3人組ですが、は、気の毒だなあと思う。
そして、こういうときに限って、どじっこさんを選択するスタッフあざとい。
あわてふためくのを楽しめとそういうwwww

隣人の真実・被害者の真実
立場逆転は、相棒にありがちですね。
隣家にいた怪しい3人組・・・以上に、家人の方が怪しかったという。
加えて、今回遺留品を返しに行った名和田だんも関係していたという。
おまけに、遺留品の元となった事件にも、関係してきて、全部が繋がると。

そういえば、高いところから注ぐとなんかあるの?
右京さんの紅茶の淹れ方。
今回、課歌課長がコーヒーで真似していましたが・・・
高いところから注ぐと、何か効果があるんでしょうかね?
空気をあえて入れるぐらいしか思いつかないんですけどww


今回の粗筋
 9年前に発生した現金輸送車襲撃事件の遺留品を名和田家に返しに行った右京(水谷豊)。
当時、名和田は輸送車の運転手。
彼の証言で似顔絵も作成したが、事件は未解決のまま。

帰り際に隣家の庭に右京がふと目をやると窓ガラスが割れている。
隣人と思われる男に注意すると部屋の模様替えをしていたら家具が当たったのだという。
その言葉に不審を抱いた右京は尊(及川光博)と連絡を取りつつ、名和田の家で隣家を観察することに。

さらに右京が隣人を訪れるたびに別の人物が応対し…。
一体、隣家で何が起きているのか? 
些細な異変から焙り出される意外な事実とは!?

ゲスト:小倉一郎 金井勇太 三宅弘城 松本実
脚本:徳永富彦
監督:東伸児




拍手

PR

【相棒8 #2】「さよなら、バードランド」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason8より第2話「さよなら、バードランド」
です。
2009年10月21日に本放送がありました。



感想的な回想

交換殺人・・・どころの騒ぎではなく?
1自分は手を下さない
2交換相手には手を下させる
2交換相手も始末してしまう
うわー、という三段論法<なんか違う
交換しておいて、自分は手を下さない、2までなら、他でも聞いたことがありますが・・・
相棒は、陰惨なのが本当、好きですね。
3も、確かに動機があったわけなんですけれども。でも、ねえ。

近道はどっちだ?
反対に。レギュラー陣が和ませるから、余計に事件が際立つのか、なんなのか。
証拠品の返却にうかがう際。
まだ8なので、ソンはその”仕事”に驚き呆れつつですね。
が、そこまでではないのが相棒・・・か?wwww
道に迷うという、頭脳派の二人らしからぬ失態。
境は、お地蔵様のところで、ソンが左!と主張したかららしいですが・・・
でも、右京さんが知らないと言うのもねぇ。
ボクだってそれぐらいありますよ。とか言われそうだけど)
わざとソンの意見に乗って、試してるんじゃないか?と思わせます。
8初頭なので、まだ疑い半分というのもあるのかなってww

さよならバードランド ってなんぞ?
ビル・クロウ著 村上春樹訳 ジャズ・ミュージシャン回想録
原題:Bill Crow, FROM BIRDLAND TO BROADWAY : Scenes from a jazz life, 1992
内容紹介
モダンジャズの黄金時代、ベース片手にニューヨークを渡り歩いた著者の自伝的交遊録。パーカー、エリントン、マイルズ、モンク等の「巨人」たちからサイモンとガーファンクルに到るまで、驚くべき記憶力とウィットにとんだ回想の中で、歯に衣着せぬ批評の眼がきらりと光る。
訳者村上春樹が精魂傾けた巻末の「私的レコード・ガイド」は貴重な労作である。
Amazon.co.jp:さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想 内容(「BOOK」データベースより)

これのことなのかな?
最初、鳥ランドさよーならーって何?とか直接ゆえに意味不明な訳をしましてwww
ジャズ仲間がキーワードなので、ああ納得。なのかも。
内容はよく知らないのですいけど。もしかして読めばヒントが隠れている?なんてね。



粗筋
大学時代のジャズ仲間との同窓会旅行のため宿泊予定だった青柳(大浦龍宇一)が旅館に着くと殺人事件と遭遇。
被害者は某商社専務・広田。
音楽関連への出資を打ち切り、青柳が発行していたジャズ専門誌も廃刊に追い込もうとしていた男だ。

殺害動機がある青柳は容疑者として浮上するが、犯行があったころ青柳は別の場所にいるところを右京(水谷豊)と尊(及川光博)に目撃されていた。
青柳のアリバイは完璧だが、先に旅館にいたジャズ仲間の黒木(神尾佑)、宇野(増沢望)、渡辺(吉見一豊)の誰かが手を下していたら…。
学生時代の4人の仲間の微妙な関係を暴いていく右京と尊。
その果てに現れた真実とは?

ゲスト:大浦龍宇一、神尾佑、増沢望、吉見一豊
脚本:太田愛
監督:和泉聖治 




拍手

【相棒8 #9】「仮釈放」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason8より第9話 「仮釈放」です。
2009年12月16日に本放送がありました。

少年H公開スペシャルにつき、4つ放送!
ラインナップは
シーズン11、7話「幽霊屋敷」
シーズン9、7話「9時から 10時まで」
シーズン8、9話「仮釈放」<今ココ
シーズン7、最終回19話「特命」
です。

感想な回想

何でもやるのが特命係です
僕一人で十分ですよ。
と、まだこのころはツンしてますね右京さん。さっさといってしまいますww

杉下警部の神を恐れぬ所業?
お寺の石をごろごろごろ・・・いや、そんな動かし方ではないけどwww
でもねえ。墓暴きはねえ

全部使っちゃったテヘペロと
おやテヘペロ返し
美代子さんの、お金使っちゃったに対しての右京さんのおや。
なんだこの下手するとギャル会話wwwww

刑務所行きになったら気をつけな・・・何を?
エンディング
犯人が警察関係の人ということで。角田課長がそうなりかねない?特命係にクギを。
違反すれすれってなんなんですかー?と恨みがましいにらみっぽいソンと、
はて?そんなことしてますっけね?とすっとぼけ気味の右京さん。
ある意味、コンビとしてはいい感じになっていますよねwwww

(や、今日4つもあるので、短くなっていってスイマセン。あと、事件そっちのけで、レギュラーについての考察のみですいません。だって事件より面白いんだもの←)


粗筋
 刑務所を仮出所した山部という男が出所翌日に失踪。
山部は数年前に覚せい剤を所持し、一緒にいた村上と逮捕され刑期満了間近だった。
模範囚だった山部は身寄りもなかったが、なぜか共犯だった村上の同棲相手・美代子(井上和香)という女性がたびたび山部に面会に来ていた。



右京(水谷豊)と尊(及川光博)は美代子に山部に面会した理由を聞くが、歯切れが悪い。
美代子は何かを隠していると直感した右京。
やがて山部の行方が明らかになり…。

2人の男と一人の女。
失踪がもたらした意外な真相とは?

ゲスト:井上和香
脚本:ハセベバクシンオー
監督:和泉聖治


拍手

【相棒8 #14】「 堕ちた偶像」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason8より第14話「 堕ちた偶像」です。
2010年2月3日に本放送がありました。

感想な回想
正義面した組織・人物の闇を暴く
・・・そういえば、なんだか必殺仕事人みたいだなあとか今更でした。
普段冴えない職場だし。
何度も行われているベタテーマではありますが、今回はちょっと趣向変えてますね。

七海ちゃんという小さい子が目撃してしまった。
しかし、上っ面がいい犯人なので、子供の意見なんかききやしないと思ったのかなんなのか。
実際、七海ちゃんのお母さんは信じていない風だったし。
いやでも、結局トドメには来るんだっけ?
(これも、特命が調査しだしたからと言えなくも無いような・・・)

一応、っていうか、右京さんの興味アンテナに引っかかって観に行ったのが犯人の運のつきか。
今回は、たまきさんの入院という偶然ではありますが。
いや、それだけに、ナンにでも首を突っ込むっていうのがわかりやすい事件かwww

ゆがんだ正義
あるいは、ゆがまざるを得なかった正義
右京さんと対極だなーと思いますな。今回の犯人は。そういう意味では。
法案を通すために汚いこと(賄賂)はしてはいけない。
っていうスタンスが、ちゃんとあったらしいんですね。
でも、国民の期待と、そうでもしないとまかりとらない政治環境っていうのにどうにもこうにも吸収されてしまったという。
そこは、右京さんは看過はもちろん、理解もできないんだろうなあと。
右京さんは、いじでも、正義だけでそういうの通そうとするだろうし、汚職みつけようものなら、徹底的に断罪するだろうし。
・・・右京さんが政治家になれば良いんじゃないかしら・・・まあ、それはまた別の話か。

とはいえ、どうなのかなと。俺ら的に。
しょうがないとはいえ、結局堕ちてしまった(そういう意味では間違いではないんだなサブタイトル。もともとちゃんと昇っていたっていう。)んならダメじゃんコイツ。といえるのか。と。
いえないねえ私は。
みんなやってるんだしと、大勢に、長い者に巻かれまくりだよ。
んで、多分バレたら、どうしてオレだけ!みんなやってるのに!!っていうんだろうなwww
浅はかなり。
しかし、こういう人のほうが少ないというか、右京さん見たいなのは皆無というか。
もともと真っ黒な人ばっかりで、彼らを選ぶ相棒世界の日本国民大丈夫だろうかと思うwww
いや、みなさん上っ面演技が上手過ぎるのか。役者だけに<それだけは言っちゃダメだ

余談ですが、たまきさんのお見舞いに、右京さんとソンが一緒に行ったわけではない
うえに、ソンが花束とか、
恋のライバルなの?とかおちょくって楽しんだ覚えがあります。
たまきさんとお出かけしたり、右京さん調査の一環なのかもしれないけど、ソンって結構そういうところ美味いよね。
多分、右京さんに勝てるところだからだと思うんですけど。
で、実際右京さんも心穏やかではなくて、ゆえに、ソンに冷たい(任務がばれている?こと以上に)のかなーとか、これまた揶揄して楽しんだ覚えがあります。


粗筋
 盲腸で入院したたまき(益戸育江)を見舞った右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、同じ病室に入院していた6歳の七海(石井萌々果)と知り合う。
不審な男に追いかけられ逃げる途中ケガをしたらしい。
七海はその不審な男を代議士の江嶋(田中哲司)だというのだが…。

右京らが早速その現場に行ってみると近くでジャーナリストの安田(竹本孝之)の事務所の捜索が行われていた。
安田が遺体となって発見されたためだ。
しかも安田は江嶋の盟友であることが判明する。
少女が追いかけられた事件と安田の死に、何か関係があるのか!?
右京と尊が政治家の野望に潜む闇に挑む!


ゲスト:田中哲司 竹本孝之 石井萌々果
脚本:太田愛
監督:近藤俊明






携帯の方専用シリーズページ(パソコンの方はサイドバーにあるので^^;)
相棒全シリーズ

拍手

【相棒8 #8】「消えた乗客」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason8より第8話「消えた乗客」です。
2009年12月9日に本放送がありました。

感想な回想
昨日がワンクッションだったとは・・・なんてね。
あれ、なんかこれ以前にもどこかで書いた気がするぞ・・・既視感か?

本格的に、百合です。GLとでもいえばいいですか。
とはいえ、直接的な事件関係ではないのがいいんだか悪いんだか。
とはいえ、ともすれば黒幕というか、今回の原因の一端ではあったと見るべきか。

事件としては、被害者に自作自演劇?
恋人を死に追いやった男への復習は間違っては居ないようですが、しかし全てではなかった。

たまきさんの発言で真の真相にたどり着く事件の一つでもあります。
(あー、無理とわかっていても、どうにか世界何周のたびから帰ってこないものか・・・とはいえ、整形したたまきさん、益戸さん以外のたまきさんはまっぴらごめんですけれども)

余談ですが、ソンの妄想・・・失礼、エア・チェスはなんか面白かったですね。
そういえば、亀ちゃんはまったくし無いし、カイト君はオセロ派(別に両方やっても良いんだけど)なので、そういう意味では、趣味があう感じなのはソンなんですよね。ソンも頭脳系だからなのかしらん?


粗筋
 右京(水谷豊)と尊(及川光博)は駐車場に止まっている不審な路線バスを発見する。
調べると、運転手もいなければ、乗客もいない。
一体何が起きたのか?

やがて運転手、乗客の命と引き換えに1億円を要求する脅迫状がバス会社に届く。
難を逃れた乗客の一人、恵(中川安奈)によると、犯人は客を装っていた上条(平野貴大)という男で、運転手の中島(松田洋治)と乗客をどこかへ連れ去ったという。
単なるバスジャックにしては不自然な点も多い。

右京と尊が不可思議な誘拐事件からあぶり出した驚愕の真実とは?

ゲスト:中川安奈 松田洋治 平野貴大
脚本:徳永富彦
監督:和泉聖治


拍手