忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒8 #14】「 堕ちた偶像」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason8より第14話「 堕ちた偶像」です。
2010年2月3日に本放送がありました。

感想な回想
正義面した組織・人物の闇を暴く
・・・そういえば、なんだか必殺仕事人みたいだなあとか今更でした。
普段冴えない職場だし。
何度も行われているベタテーマではありますが、今回はちょっと趣向変えてますね。

七海ちゃんという小さい子が目撃してしまった。
しかし、上っ面がいい犯人なので、子供の意見なんかききやしないと思ったのかなんなのか。
実際、七海ちゃんのお母さんは信じていない風だったし。
いやでも、結局トドメには来るんだっけ?
(これも、特命が調査しだしたからと言えなくも無いような・・・)

一応、っていうか、右京さんの興味アンテナに引っかかって観に行ったのが犯人の運のつきか。
今回は、たまきさんの入院という偶然ではありますが。
いや、それだけに、ナンにでも首を突っ込むっていうのがわかりやすい事件かwww

ゆがんだ正義
あるいは、ゆがまざるを得なかった正義
右京さんと対極だなーと思いますな。今回の犯人は。そういう意味では。
法案を通すために汚いこと(賄賂)はしてはいけない。
っていうスタンスが、ちゃんとあったらしいんですね。
でも、国民の期待と、そうでもしないとまかりとらない政治環境っていうのにどうにもこうにも吸収されてしまったという。
そこは、右京さんは看過はもちろん、理解もできないんだろうなあと。
右京さんは、いじでも、正義だけでそういうの通そうとするだろうし、汚職みつけようものなら、徹底的に断罪するだろうし。
・・・右京さんが政治家になれば良いんじゃないかしら・・・まあ、それはまた別の話か。

とはいえ、どうなのかなと。俺ら的に。
しょうがないとはいえ、結局堕ちてしまった(そういう意味では間違いではないんだなサブタイトル。もともとちゃんと昇っていたっていう。)んならダメじゃんコイツ。といえるのか。と。
いえないねえ私は。
みんなやってるんだしと、大勢に、長い者に巻かれまくりだよ。
んで、多分バレたら、どうしてオレだけ!みんなやってるのに!!っていうんだろうなwww
浅はかなり。
しかし、こういう人のほうが少ないというか、右京さん見たいなのは皆無というか。
もともと真っ黒な人ばっかりで、彼らを選ぶ相棒世界の日本国民大丈夫だろうかと思うwww
いや、みなさん上っ面演技が上手過ぎるのか。役者だけに<それだけは言っちゃダメだ

余談ですが、たまきさんのお見舞いに、右京さんとソンが一緒に行ったわけではない
うえに、ソンが花束とか、
恋のライバルなの?とかおちょくって楽しんだ覚えがあります。
たまきさんとお出かけしたり、右京さん調査の一環なのかもしれないけど、ソンって結構そういうところ美味いよね。
多分、右京さんに勝てるところだからだと思うんですけど。
で、実際右京さんも心穏やかではなくて、ゆえに、ソンに冷たい(任務がばれている?こと以上に)のかなーとか、これまた揶揄して楽しんだ覚えがあります。


粗筋
 盲腸で入院したたまき(益戸育江)を見舞った右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、同じ病室に入院していた6歳の七海(石井萌々果)と知り合う。
不審な男に追いかけられ逃げる途中ケガをしたらしい。
七海はその不審な男を代議士の江嶋(田中哲司)だというのだが…。

右京らが早速その現場に行ってみると近くでジャーナリストの安田(竹本孝之)の事務所の捜索が行われていた。
安田が遺体となって発見されたためだ。
しかも安田は江嶋の盟友であることが判明する。
少女が追いかけられた事件と安田の死に、何か関係があるのか!?
右京と尊が政治家の野望に潜む闇に挑む!


ゲスト:田中哲司 竹本孝之 石井萌々果
脚本:太田愛
監督:近藤俊明






携帯の方専用シリーズページ(パソコンの方はサイドバーにあるので^^;)
相棒全シリーズ

拍手

PR