忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

セレクション9月25日【相棒5 #12】「狼の行方」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason5より第12話「狼の行方」です。
2007年1月10日に本放送がありました。

本作品は2013年03月08日にも再放送がありました。
あらすじはこちらに記載しています。
http://tokumeigakari.no-mania.com/s5/0512


相棒 season5


回想的感想

罪の対価、復讐の等価
やりすぎじゃないの?
と、想った人が結構いそうな事件。です。
とはいえ、そこは人間なもので。
人間は、与えられた傷と同等の罰を与えても、まだまだ満足できないっていう者もあるそうですよ。

そんなんだから、特命係が実は暇じゃないこと毎週請け合い・・・というのはまだ話がずれるのでこの辺で。

狼が現実になった日
狼少年も、教訓ゆえに悲惨な話でしたが、まあ、そんな感じで。
直接の原因という証拠はないのですが、冤罪だったとはいえ罪を犯したと想われて、
会社は解雇されるわ、好いた女性には嫌われるわ、散々なことに。
しかも、少年達が自らの罪を隠すためについたうその所為でとなれば。
そりゃ、狼になりたくもなりわという。
狼さんも、冤罪以外はあてつけ、そんなことでって感じですけど、狼少年たちも、自分たちがふざけていたのを隠すために誘拐なんていって、そんなことでって感じですね。

右京さんに諭されただけ
・・・そりゃ怒るわその2?
狼少年たちは、最後に、右京さんに言われます。
君たちの行いで、一人の人間が本当の罪人になってしまったと。
それを覚えておかなければいけないと。
確かに、実際に、狼に拉致監禁されてひどい目にあいましたが。
彼からすれば、やっぱりまだ等価ではないようなきがしないでもない。
ま、傍目からすれば彼が少年たちに負わされた傷は冤罪だけなので、逆に、十分、等価以上というオチ。






拍手

PR