忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒3 #4】 「女優~前編~」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason3より第4話 「女優~前編~」です。
2004年11月10日に本放送がありました。

はいー。恒例の、休日はいっぱいやってしまおう大作戦ですよー。
ってふ ざ け ん な !的な(笑)
前後編を一気に放送です。

感想な回想
後編でいろいろぶちまけようか否か。
再放送とは言え、後編に関わる点があったらご容赦下さい。

美和子さんの浮気というか本気
そういう点では、このカップルはさっぱりしていていいなと想います。
浮気ではなく、ちゃんと別れるっていうか。
まあ、元鞘になるのはいつなのかなっていう、今となっては解りきった感じもほほえましく
・・・ないか。
これで、特命は独り身同士・・・とかいう話が当時あったとかなかったとか。
また、右京さんの大事件↓とはいえ、電話を掛けてくる辺り、不仲で絶縁でもない?感じがよいやら悪いやら。

右京さんの免職
本格的にクビになったのって、これだけじゃないでしょうか?
と、思うんですが・・・知らないだけかもしれないですが。
とはいえ、やっぱりのらりくらりしている右京さん。
周りばかりヒヤヒヤなので、右京さんを怒りたくなるようなならないような。

亀山君のため
小野田官房長のツンデレ(笑)
右京さんの首をつなごうと、なんとかやってみる。
が、右京さんもツンデレなので、余計なお世話とすげない。
に対しての官房長の切り替えし。
右京さんのためって言うのもあるだろうし、亀ちゃんのためっていうのは嘘じゃないんだけど。
とはいえ、
本当は自分のためでもある官房長が大好きです!

狂言
あらすじで書いていますが、まあ、そんな感じで。
しかし、前後編でやるのに、すでにそこが明らかになっているというのは・・・
ま、右京さんたちは、追い詰めるまでに至っていないので、その切り崩しが後編というところなんでしょうが。
反面、右京さんの免職の方が、そのきっかけの事件の方が、絡んでくるという示唆ですよねわかります。
直接この事件と関わるのかは、後編のお楽しみ?


粗筋
 美和子(鈴木砂羽)が出て行き、散らかり放題となった部屋で寝ていた薫(寺脇康文)は、その美和子からの電話で起される。
「右京さん(水谷豊)が免職になっちゃったみたい」。
 一気に眠気が覚めた薫は大河内監察官(神保悟志)のもとへ行き猛抗議。
右京を恨んでいた朱雀官房長官は右京らに殺人犯として検挙され失脚したはずだが…。
が、大河内によると、朱雀と密接な関係にあった木佐貫主席監察官(陰山泰)のいわば逆恨みで右京は免職に追い込まれたらしい。

 薫は官房長に復帰した小野田(岸部一徳)に泣きつくが、さすがの小野田も頑なな木佐貫を説得できず正式決定を覆すことはできない。
が、当の右京はというと、免職決定にもどこ吹く風。
「頼んだ覚えはない」という右京に、さすがの小野田も「おまえのためじゃない、亀山くんのため」と反撃する。
 そのころ、薫は所轄管内で発生した強盗殺人事件の捜査に乗り出していた。
被害にあったのは有名女優の小峰夕月(羽田美智子)と夫で脚本家の古谷(深水三章)邸。
深夜、一人の不審な男が庭にいるのを発見した古谷は警察に通報。
が、男は部屋にまで押し入ると夕月に銃を突きつけ金を要求、隙を見て逃げようとした夕月ともみ合いとなったが、そのとき男が発砲した銃の流れ弾があたり古谷が死亡。
慌てた男は何も盗らずにそのまま逃亡したという。
茫然自失の夕月に薫は古谷との結婚生活について質問するが、実は2人は籍を入れていなかったことが判明する。
その後、伊丹憲一(川原和久)ら捜査一課との合同捜査となるが、逃げた犯人の行方はようとしてつかめない。

 それもそのはず、事件は夕月とその恋人であるマネージャーの松永慎二郎(岡田浩暉)が仕掛けた狂言だった。
松永が庭をうろつくと、夕月が古谷に報告し警察に通報させると、松永は堂々と古谷の部屋に乗り込み、夕月を人質にとり2人でもみ合うような格好をしながら古谷を打ち抜いたのだった。
「後悔してる?」
「してないさ」
 ホテルの一室で2人は愛を確かめ合い…
 たまき(高樹沙耶)から右京の居場所を聞いた薫は閉館直後の図書館へ。
すると右京がなぜか鑑識課の米沢守(六角精児)といっしょに夕月の事件について書かれている新聞に目を通していた。
右京によると、事件に府に落ちない点があるという。
なぜ金品を狙った強盗が古谷を殺しただけで逃げたのか。
本当に金品が目的ならば、夕月をなおも脅して奪えばいいはず。
仮に銃は殺しが目的でなく脅すためだけのものだったとしたら、当時誰もいなかった1階に忍び込み、誰にも見つからないうちに逃走すればいいはずだ。
犯人像が絞り込めない、という右京に薫も同調。
翌日、早速、海音寺課長(竹中直人)に報告する。
 薫の鋭い指摘を右京の発案と見抜いた海音寺は、免職になった右京を雇い薫とコンビで捜査に当たらせようとする。
どうやら右京の類まれな才能と、その右京をサポートする薫の仲を高くかっているらしい。
 内外の批判にさらされながらもこれで堂々と捜査できるようになった右京。
薫とともに夕月、松永との対決がいよいよ始まる!







携帯の方専用シリーズ総合。
パソコンの方はサイドバーにて。
相棒全シリーズ

拍手

PR