忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒14 #9】「秘密の家」

2015年12月16日相棒シーズン14は、
第9話「秘密の家」です。

感想

課長たちからスタート
暴力団が潜んでいるというタレコミ?らしい
危ないってよ冠城さんwwwww

右京の後ろのワタル
こそこそ|゚Д゚)))
右京:意外と臆病なんですね
という。

課長、撃たれる
というか、その後どうなった!!?というまま話終わった気がするんだけどwwwww

お母さんの似顔絵
チラシと誕生日の矛盾。
こういうのを見ると、本当、しつこいなあと思ってしまうよね右京さんwww

細かいことが気になってしまう悪い癖
冠城と幸子のものまねごっこ
・・・右京さんは別に声質ことさら低くはないよな。
声を作ってるのがぎゃくに似てないww

お小言
久しぶりの内村部長の右京さんへ直接のお小言www
冠城さんもお客様だけどぺこぺこ
しかし

それをぶった切る米沢報告
右京:続きをどうぞ
中園参事官:(゜д゜)

受付嬢と亘再び
どこかの会社に行くたびに必ずやるのかこれはwwwww
常に受付のおねーさんに馴れ馴れしい冠城氏ww

見張りのいたみんと芹沢
と思ったら警備会社の話を聞いて出て行ってしまった。
というか、出て行ったあとで、右京さん、もしそうならねって違う可能性が高そうな口ぶりじゃねーか!!
悪い人だwww

誘拐されたのはお母さん
しかしご両親は年の差結婚だったのかー。
舅と婿の軋轢てそういえば、あまりドラマとかでは描かれないよね。

再びの誘拐
右京の正義は狂言誘拐までは許容範囲なんですね。
しかし、暗闇にいたひなたちゃん、実はおばさんとかくれんぼ中って・・・w
確かにお約束展開ではあるけれど。

こっそり許容の舅心
実は婿さんの共犯者のアリバイ作りを助けていたとか。
犯罪とは言え、婿を許していたというツンデレオチにびっくりする。

暴かない方が良い犯罪もある
最近、右京さんにそういうことを言ってくれる人がどんどん減ってるからなあ。
これを期に巻き返して欲しい・・・何が?www

バドミントンのプレゼント
右京さんの足長おじさんごっこ
スケッチブック同様、これも家に使わないものがあったとでもいうのだろうか(笑)


次回はもうお正月
元日SPキター!!
本多さんが行動に出る理由とは?
娘さんも出るけどどうなった?
片山雛子嬢はまたしても勝ち組になるのか?

そういえば、噂で本多氏の情報を持ってくるのが三浦さんと聞いたけどマジですか!?
そこら辺含めて楽しみです。


交渉に失敗?
おや、それって結構やっちゃいけない部類ではなかったのかな右京さん。
特命係が特命任務失敗したのは、直接には官房長の強引命令だけども、右京さんが説得し続けられなかったことは悔いているはず。
再び右京さんが交渉役ってなんか意味深じゃなーい?





上画像が表示されていない・クリックできない方は下記からお願いします
相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。一応、放送前なので今後は下げていきます。
過去の日記についてはカテゴリ一覧よりどうぞ。




あらすじ
2015年12月16日(水)よる9:00~9:54 
第9話「秘密の家」


少女の誘拐監禁事件が起きていた可能性が浮上
それを隠ぺいしているのは被害者家族だった!?

 組対五課の応援に駆り出された右京(水谷豊)と、見学ということで同行した亘(反町隆史)は、現場の廃工場で、小さな子供が描いたと思われる母親の似顔絵を見つける。
そこは子供が立ち入るような場所ではなかったため、気になった右京は、落し物を届けるという名目で、絵を描いた子供・ひなた(須田理央)の家を訪れる。

応対に出た母親・志乃(新妻聖子)とのやり取りから、絵が廃工場で見つかった経緯に疑問を感じた右京は、母娘の周囲をさらに捜査。
すると、かつてひなたが誘拐され、廃工場に監禁されていた可能性が浮上してくる。
しかし、通報された形跡はなく、母娘をはじめとする家族は固く口を閉ざし、まるで誘拐などなかったかのように振る舞っていた。

さらに、志乃の父で警備会社社長の健作(西田健)は、警察OBでもあり、警察上層部に圧力をかけて右京と亘の動きを封じはじめてきた。

一枚の子供の絵から浮上してきた誘拐事件の可能性。
被害者一家が、それをひた隠しにする理由とは…!?
右京の推理が、思いも寄らない“家族の秘密”を解き明かす!

ゲスト:新妻聖子 西田健
脚本・監督
脚本:金井寛
監督:池澤辰也

拍手

PR