忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒14 #6】「はつ恋」

2015年11月25日相棒シーズン14は、
第6話「はつ恋」です。

感想
米沢の依頼
とはいえ、右京さんが気に留めていた人が被害者という理由からか。
そいてやっぱり犬猿の亘wwww

数千万円のガラクタ
をくすねる亘
ちょっと冠城さんwwwwww

持ち帰りますよ?全部ですよ?
そんな冠城氏をせかす右京

女性の太ももが気になるイタミン
って書くと、イタミンからは怒られそうだけど面白いので書いておく(/ω\*)
(正確には、関係者の太ももに痣があったので、なんかトラブルではないかと睨んだイタミン)

右京さんに興味がある亘
変な意味はないとかwwww
変な意味を持たせたくなっちゃう視聴者が出てきたに違いない。
え、もうそういうお姉様がた居る?失礼しましたww

上司の手の怪我
まあ、なかったらカメラは向かないでしょうね目線<大人の事情推理

初恋はいつですか~?
亘さんは幼稚園らしい。
角田課長、漁師の娘ってマジですか?いや猟師なのか?
右京さんは、21歳?
ってあー、被害者の話かよ(´ε`;)

(21歳は遅いかもって言ってるけど、右京さんってたまきさん以外に誰かいたのかものすごく怪しいんだぜ(笑))

山本さんは祖父の家がれいなさんの施設の近所
二人の出会いはそこということで?
壊れた彫刻は思い出の青い鳥?=ビンゴしたねー。

暴力を振るう恋人
父親っぽく見えてきてしまったというのはあるのかな?
あったらしいけど、れいなさんとしてはちょっと別な心境でもあったらしいが、山本さんにしてみれば、追い詰められた感じだったということなのかな。

上司と不倫?
ではなかったようで本当すいませんだな。

佐賀県から送られてくるイチゴ
一瞬、ふたりは兄弟姉妹なのではないかとか変な方向に邪推した。すまん。

山小屋の白骨
まあ、お父さんですよね。
彫刻刀からさっするに、父親の暴力でやばいれいなさんを山本さんが助けたってことなのでしょうか。
=ビンゴしたねー。

ディレクターの正体
これまでに辛酸なめさせられてきたからって、完全に支配下に置くってどうなのよ。
やっぱり悪い奴が生き残るなあ相棒は。

なんで脚立ないんだよ!!
序盤、スタッフさんがぼやいていた大声。
ちゃんと意味があったんですねっていう(笑)

坂上さんの無知
知らないのもまた罪だなあて、改めて思う。
れいなさんが「自分は幸せになっちゃいけない」っていうのは、自分が山本さんに罪を背負わせたからでもあるんですが、坂上さんは多分知らないじゃないですか。
だから、山本さんだけのせい(暴力とか)みたいな言い方になっちゃって、その言葉を聞いた山本さんは、やっぱ止めの1擊くらっちゃった感じだったのではないかと。
そもそもディレクターさんを脅すんではなくて、犯人に仕立て上げるつもりで呼び出したらしいし。


次回、双子の幸子
ん??女将とは別の同名キャラってだけだよね?






上画像が表示されていない・クリックできない方は下記からお願いします
相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。一応、放送前なので今後は下げていきます。
過去の日記についてはカテゴリ一覧よりどうぞ。
 



あらすじ
2015年11月25日(水)よる9:00~9:54 
第6話「はつ恋」

 倉庫ビルの敷地で、転落死したと見られる男性の遺体が発見された。
死亡していたのは、山本(内浦純一)という気鋭のジャンクアーティストで、腹部には刺された傷が残っていた。

右京(水谷豊)は、かねてから注目していた芸術家の不審死ということもあって、亘(反町隆史)と共に捜査に乗り出す。
早速、山本のアトリエを調べた右京は、そこで不自然に壊された作品を見つけ、何らかの手掛かりになるのではと復元を試みる。

一方、捜査一課が山本の内縁の妻・玲奈(笛木優子)から事情を聞いたところ、山本のDVが発覚。
一課は玲奈に疑いの目を向ける。

そんな中、右京と亘は、山本を支援していたアートディレクターの由紀(中原果南)から話を聞く。彼女によると、山本と玲奈は初恋同士で結ばれたというのだが、右京は玲奈本人が言っていたことと、その由紀の証言が微妙に食い違っていることに気づく。

気鋭の芸術家の不可解な死と美しい恋人に向けられた疑惑。
右京がこだわる“壊されたアート作品”の謎とは?
初恋を巡る儚い真実が、時を超えて解き明かされる!

ゲスト:笛木優子
脚本・監督
脚本:谷口純一郎
監督:和泉聖治

拍手

PR