忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【相棒10 #2】 「逃げ水」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason11より第11話 「逃げ水」です。
2011年10月26日に本放送がありました。

本日も通常回一本のみ。


感想な回想
まず思ったのが、法務大臣って結構コロコロ変わるのなっていうところ。
任期何年なのかな。
相棒の中では、瀬戸内さんと今の人(出て来たっけ?知らんけど)ぐらいで、みんな元だから、任期的には長いのかもしれないけど。
でもみなさん年食ってるとはいっても、現時点で70、80って分けでも無いじゃん。
実際、瀬田さんはまだ弁護士現役バリバリって感じだし。
また、何でかしらんけど、まあ、瀬戸内さんはともかく、シスターの方と瀬戸内さんは、大臣を辞したあと、政治家自体も辞めちゃった?っていうのが。
やっぱしけいしっこうとか、犯罪に関わることだし、それに感化されてとかなのかな(あー、シスターは、贖罪な意味もあったか)。

さておいて、今回の事件だい。

少しは気が楽かもしれません。
今度は弟のしたことではなくて、「自分のしたこと」で責められるんですよね
「自分のしたこと」で責められるほうが楽という、お姉さんの言葉はなんともいえないですね。
確かに、自分以外のものが原因であれば、人は誰しも怒ると思います。

ただ、問題なのが、身内が罪を犯したということ。
身内が悪いのには違いないので、なんで責められなければ行けないのか!と怒ることもできない。
いや、本当は怒ってもいいんでしょうけど、怒ったらそれこそマスコミや野次馬の餌食になる。
犯罪者を育てた家。
一番そばにいたのに気付かない。犯罪を防げなかった。
本当何様ですよね。自分なら気付いたといえるその根拠がどこにあるのか。

反面、自分が犯した罪なら、自分が悪いとはっきり解っているから、責められて当然。
だから楽。
何故悪いのかも克明で、悩む必要が無い。
切ないです。

瀬田さん
人情の人というイメージ。
右京さんが、正義に暴走しがちだけど、瀬田さんはちゃんと歯止めかけているというか。
正義ではなく、人の感情を問題視しているっていうのがまたいいですよね。
正義像ならやっぱ瀬田さんの方が強いんだろうな。
渡さんのイメージの所為もあるかもですけど。
右京さんが正統?な相棒なので、やや悪役ともとれそうな立ち位置(右京さん的に)ですが、また出て欲しい者です。
官房長とか峯秋パパんのような悪いこと、を一切していない?だけに右京さんを改善してくれそうな。

・・・あ、でも、暴走しない右京さんもつまんねーなー<どっちなんだよ


粗筋
5年前に新開拓海(和木亜央)という青年を殺害、5年の懲役刑を終えて出所したばかりの川北誠也(川野直輝)が何者かに殺害された。

 現場の状況から怨恨による犯行とみられ、容疑者として拓海の父・新開孝太郎(綿引勝彦)が浮上する。
「犯人の刑が軽すぎる」と損害賠償を求める民事訴訟を起こしていた孝太郎。
その弁護士となったのが、元法務大臣の瀬田(渡哲也)とわかり、右京(水谷豊)と尊(及川光博)はさっそく会いに行く。

 瀬田によると、川北は1億円あまりの賠償金の支払いを命じられていたが、いまだに一度も払われていないという。
被害者夫妻を守ろうとする瀬田。

 しかしそんな中、意外な人物が川北殺害を名乗り出て、右京と尊は凍りつく…。

ゲスト:渡哲也 綿引勝彦
脚本:櫻井武晴 監督:東伸児





他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

拍手

PR

【相棒10 #10】「ピエロ」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason10より第10話元日スペシャル「ピエロ」です。
2012年1月1日に本放送がありました。

本日はスペシャル一本!
感想な回想
神戸、がんばる。・・・違うか。

「神戸が警察官だとばれたら命はない」
予告の時点で何か言ってたような気がするぐらい印象的な言葉でしたね。
そして、実際、確保前にソンの身元はバレテシマウわけで。
きゃー、もう。ひやひやしますね。
っていう。

心穏やかどころではない大河内にーさんがとても美味しい不憫だぁと思っていました。

カナ、頑張る。
大橋のぞみちゃんが演じたメインの子。
最後に、助けを呼びに行くっていうのが印象的ですよね。
これでも、人質としての意味を考えるとメインじゃなかったっていうのがすごいですよね相棒。
ええ、狙った獲物は下記の粗筋にもまったく書いていません。
ソン同様に書いてもよかったのにねえ。

金と信念と
犯人グループの別離というのもなんか特徴的でしたね。
リーダーだけはなんつーか、信念ゆえに行動していたんですけど、
部下たちは違っていて。
信念もあったのかもしれないけど、でも、それよかやっぱまずはお金でしょ?みたいな。
お金派多数・・・というか、リーダーさん以外はみんなそんな感じで、リーダーさん権利簒奪されてしまいます・・・。
そこもまた相棒らしさかな。
犯人側にも、正義ってもんがある。
っていうのを、ぶち壊すって言うか。
信念だけじゃダメっていうか、つぶされないような信念ではないとだめというか。
ロマンをアッサリつぶす現実具合というか。


粗筋
 刑事部長に命じられ、神戸尊(及川光博)が開演直前のオペラハウスに証拠品の返却に一人で向かうと、ロビーで子供たちを引き連れたピエロ(斎藤工)にぶつかる。
不審に思い、子供たちが乗り込んだ送迎バスへと向かうと、車内にいた男が少女(大橋のぞみ)に拳銃を突きつけ「あなたも一緒にきてもらいましょう」と尊を強引にバスに引き込み、尊は子供たちととともに誘拐されてしまう!

 尊と連絡がつかないことを不審に思った右京(水谷豊)は独自に捜査を開始!

 現場に残されたわずかな証拠や防犯カメラの映像から尊や子供たちが何かしらの事件に巻き込まれたと推理。
本部に連絡し、警視庁のみならず警察庁をも巻き込む一大事件捜査へと発展する!

 7人の子供たちと尊を誘拐した犯人グループの狙いとは?

 尊や子供たちを匿う犯人グループと右京の長い長い駆け引きが始まる。
その果てに見えてきた真実とは?

ゲスト:斎藤工 遠藤雄弥 大橋のぞみ 目黒祐樹 吉田栄作
脚本:太田愛 監督:和泉聖治



拍手

【相棒10 #14】「悪友」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason10より第14話「悪友」です。
2012年2月1日に本放送がありました。

以降あらすじもろもろ。

感想な回想
あー、特国事件か。
前に書いたときに、”徳”国とかいて酷い叱責を食らった記憶があります・・・
確かに、誤字は全世界公開においては気をつけねばいかんだろうが、音で覚えなければ行けないし、ちょっと見えただけだから、そこは字が間違ってますよー。と軽く指摘して欲しかったなあ。
と、今でも微妙にに引きずっております^^;

さて。
内村部長が、特命係以外に対してははいい人?というフシがちょっと出たのがなんかよかったポイントかな。下には厳しくというかご都合ないじめというか上には従順、右京さんの一方的天敵(笑)
なんですが、民間人にはやっぱりやさしいのか。行きつけのお店のオネーチャンが綺麗だったからなのか<褒めたいんですか違うんですか

”悪友”が関係ない
これまでもあったのかなー。
や、確かに悪友さんたちがメインキャラというかゲストなんですけど、
犯人悪友関係なかったwwwっていう。
パートのおばちゃんが、思わず書いてしまった”特国”だけではわかんねえよ。
勘違いした特売国産だっけ?みんなこうだと思っちゃうよ。少なくとも私は(苦笑)
中国語の知識が、しかもぱっと思い浮かんでくるのでなければっていう。

相棒らしさの範疇でいいのかコレは。
意外すぎて、なんというか、推理の仕様も無い感じ。
右京さんじゃなかったら、みんな気付かないって絶対wwww
推理説明も、ややゴーインな気がしたのは、端折ってるようなきらいがあった気もする。
ソンは物分かりがいいからなー。

特命係の説得力というか、その場のノリというか、見惚れて流されてしまった私も悪いんですけどねwwww


粗筋
右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、内村刑事部長(片桐竜次)の命令で、人探しを手伝うことに。
内村の行きつけの居酒屋が店主・高村の急死で店を畳むことになり、娘の清美が常連たちの残していったボトルをひとつひとつ返していた。
しかし1本だけ連絡先がわからず困っているといい右京たちに個人的な雑用を命じたのだ。

さっそく捜査とも言えない捜査に乗り出す右京たち。
高村の携帯には、「奥村光良」に10回も発信した記録が残されていた。
右京と尊には見覚えのある名前。

奥村(金井勇太)は、かつて空家に潜入し床下に埋まっている現金を盗もうとして失敗し、右京らに逮捕された3人組の1人だった。
(シーズン8 第17話「怪しい隣人」)
右京らが奥村をたずねると、最近その3人組のうちの池谷(三宅弘城)も奥村を何度も訪ねてきているという。
さらには3人組の最後の1人山崎(松本実)もなぜか現れ…。

まっとうに仕事をしているというが水面下で一体なにが起きようとしているのか?
ちょっぴり間が抜けた3人組の運命はいかに!?

ゲスト:金井勇太 三宅弘城 松本実 甲斐まり恵
脚本:徳永富彦 監督:東伸児


拍手

【相棒10 #16】「宣誓」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason10より第16話「宣誓」です。
2012年2月15日に本放送がありました。

以降あらすじもろもろ。


感想な回想
シーズン10終盤。
今回の宣誓とは、警察官になる際の宣誓文句から。
しかし、警察学校を卒業した時って、あんなこと暗唱するんですか!
と、びっくりした覚えがあります。
みなさんお疲れ様です。

しかし、だのに、それを今も忠実に守っている人がなんと少ないことか!
(特に相棒世界な)
いや、表に出てこない人たちはみんな守っている、下の人ほど守っている
んだろうことはちゃんと解りますが。
とりあえず覚えて言っておけばあとはどうでもいい。みたいな人は居ないことを祈っております。

加えて、神戸ソンの覚悟が決まってしまったようで・・・
この宣誓を改めて聞いて。
かつて自分が起こしてしまった過ちと、今回の事件を重ねて。
(・・・だから、昨日、その再放送をやったんじゃあないだろうな。)
昨日のシーズン10第1話>http://tokumeigakari.no-mania.com/s10/1001

ただ、このとき決めた神戸の覚悟ってナンだったんでしょうかね。
実際には、彼の意思としては関係のない異動になったわけなので。
辞める気もあったのかなあ。とか。

今回は、や、昨日に引き続き今回も?
ソンがやばい心境だったので、特命は別々に。
そして二人の間に入っているのが大河内さんなのが、やっぱりソンは大河内さんを信頼しているのかなー。とか想わなくも無い。先輩兄ちゃんww
でも、表向き相対してる時は、なんかはぐらかしないつものソン君なんですよね。
公私の区別といえば聞こえはいいけど、クーデレなのかしら。なんてww
右京さんも、今では憎からず想っているだろうし(右京さんとしては最初から好意的だった?ww)。


粗筋
右京(水谷豊)と尊(及川光博)は大河内監察官(神保悟志)から、所轄の元警察官・国原(石垣佑磨)が起こした傷害致死事件を調べて欲しいと依頼される。
立ち飲み屋で相席となったフリーライター・島内(日向丈)と口論になり店を出た後もみ合いの喧嘩に発展。
島内は国原に突き飛ばされ階段から転落して死亡したという事件だった。

同じ警察署の警察官だった国原をかつての同僚が取り調べるとなれば、捜査に手心が加えられる可能性がある。
大河内は特命係に内々に調査を依頼。

右京たちが調べると島内が、5年前に起きた同じ所轄の女性警察官殺害事件を調べていたことが分かる。
国原が後に警察をやめるきっかけになった事件だ。

国原が警察を辞めた原因はなんだったのか?
それが今回の事件とどうかかわりがあるのか?

右京と尊が調べ直していくと、ある疑問が強くなってくる。
ライターの島内は5年前の女性警察官殺人事件について何を掴んでいたのか?
警察官の正義を問われる展開に尊の決意が固まる!


※あの三池崇史監督も特別出演!

ゲスト:石垣佑磨
脚本:戸田山雅司 監督:和泉聖治



拍手

【相棒10 #1】「贖罪」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason10より第1話「贖罪」2時間スペシャルです。
2011年10月19日に本放送がありました。

以降あらすじ。
シーズン12開始以後、本放送の場合にのみネタバレは下げますので一応ご注意で。
(一覧表示のときに”続きから”に隠す表記)


感想な回想
初っ端からなんだこれ。
と、本放送当時の私は思ったのかどうなのか。
ソンに辛いなあスタッフ(苦笑)
っていう。

ただ、本シーズンでソンが卒業ということを踏まえると、責任追及という形での異動パターンとか考えていたのでは・・・?とか思ったり。
事件としては、ちゃんと解決したわけですけれども、ソンの中でなんか何かが燻り始めたのでは?というか。
いや、自分で解決するつもりだったのに、右京さんが解決しちゃったので、余計に燻ったんじゃないか。とかね。

そういえば、亀ちゃんの時もそういう展開じゃあなかったっけね。
亀ちゃんは(サルウィンだっけ?に実際にいったりして)行動はしていたものの、どう感じていたのかというのは解りにくかったんだけど。普段出しているからこそ、隠したくなる・・・か?

反対に、ソンは普段隠しているというか、そういうのが得意なので、今回のような失態は表に出さずには居られないほど問題だったとも取れる。わけで。

しかし、当時の捜査・裁判担当者、みんなやめんなやwww
や、やめるのはいいとしても、同じ時期にとかね。
そういうヒントは必要(視聴者的にも)だろうとは思うんだけど、隠したいんならもうちょっとうまくな。と言いたい。
反対に、辞める=罪の意識が残っているんなら暴露しろよとも。
この中途半端加減が、なんともね。
・・・といいつも、私はおなじく中途半端な態度になるんだろうなあと思うと思い切った批判もできません。

最後に、大河内さんの立ち回りがこっそりと好きです。



粗筋
 15年前に女性を殺害したとして、刑を終えて出所したばかりの城戸充(池内万作)が投身自殺した。
彼の遺書には、自分は無実であるという訴えと、尊(及川光博)を「絶対に許さない」という言葉が。
大河内(神保悟志)から連絡を受けた尊は、自ら事件を検証し直す覚悟を決める。

 15年前の被害者・綱島瑛子(長澤奈央)は尊の知人だった。
瑛子から「しつこい男に付きまとわれている」と相談された尊は、その男・城戸に会って注意するが止めず、尊は警察手帳を見せ二度目の警告をする。
警察官と知って城戸は素直に頭を下げて反省していたが…。
ところが、その後綱島瑛子が殺害され、城戸は重要参考人として警察から追われることに…。
逃亡中の城戸は、尊に助けを求める。
尊は喫茶店で城戸に会い出頭するよう説得。
しかし城戸はあくまでも犯行を否認し、捕まったら最後、有罪にされてしまうといい店を出ようとするが、その場で張り込んでいた刑事たちに囲まれ、城戸は尊に「騙したなっ」と叫びながら連行される。

 「城戸が殺人犯として服役し、償いを終えてもなお、冤罪を訴えて自殺したのはなぜなのか」
その点が気になる右京。
当時は「適切な捜査で逮捕され、公明正大な裁判で有罪になった」と信じて疑わなかった尊の中でも、疑問が膨らんでいく…。

 右京と尊は、当時の関係者を一人一人当たっていく中で、捜査を担当した池上刑事(天宮良)、城戸の取り調べを行った益子検事(赤塚真人)、公判を担当した釜田検事(升毅)、城戸に有罪判決を下した大森裁判長(吉田鋼太郎)の4人が全員事件の翌年にそれぞれの仕事を辞め、転職していたことに気づく…。
その奇妙な“共通点”は何を意味するのか?
さらに当時の左陪審・磯村菜々美(戸田菜穂)から「有罪判決を下しちゃいけないような気がした」という情報を得て、真犯人をあぶり出していく。
 しかしそこには、予想だにしなかった事実が隠されていた…。

ゲスト:戸田菜穂 大沢樹生
脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治


拍手