忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒09 #14】 「右京のスーツ」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason9より第14話「右京のスーツ」です。
2011年2月2日に本放送がありました。
一昨年の明日になるんですね。

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ


他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ




本日のあらすじです。
銀行支店長の樋村が何者かに殺害された。
樋村の自宅を調べた右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、殺害されたときに着ていたスーツだけがクラシカルなスタイルであることに着目。
そのスーツを仕立てた「古谷洋服店」を訪ねる。

樋村を担当したテーラーの真紀(青山倫子)によると、樋村は殺害される直前、店に来ていたというが、真紀も三代目の店主・古谷(小松政夫)もアリバイを主張。
右京は真紀にスーツを仕立ててもらうことにするが…。

樋村が真紀に融資を検討していたことがわかった。
資料によると、真紀は独立を考えていたようだが、最終的に融資は中止に。
2人の間に何があったのか?
やがてデベロッパーの安藤(森次晃嗣)が300億円の融資を樋村の銀行に決めたことが判明。
その安藤のスーツを見た右京は…。

ゲスト:青山倫子 小松政夫 森次晃嗣

脚本:徳永富彦
監督:東伸児


これって、店長さんの方ガ犯人だったりしたんでしたっけ?<安易に言うもんじゃない
デベロッパーの安藤さんのスーツを見て、右京さんは一体何を思ったんでしょうかね。
思いつく範囲では、支店長さんのス-ツと何かが違うということだと思うんですが。
真紀さんと古谷支店長では、スーツの作り方が違うとかね。


拍手

PR