忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

セレクション9月12日【相棒9 #08】「ボーダーライン」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason9より第8話 「ボーダーライン」」です。
2010年12月15日に本放送がありました。
本作品は、2013年03月06日にも再放送がありました。

シーズン12の開始が待ち遠しいですね。
しかし、今日、これなのかぁ!?
・・・理由は最下部で。

あらすじはこちらからご覧ください。
http://tokumeigakari.no-mania.com/s9/0908




回想的感想

死者の行動を探る
被害者?柴田さん自身は、何一つ語っていない。
右京さんたちの推測にしか過ぎないっていうのが、なんか余計に痛々しいというか。
ある意味、うまく逃げたなと思います。
ここで、柴田さんが生きていて、
俺は社会にころされたんだー!!!!!
とかいったら、かえって興ざめになった可能性があるように感じます。
他人から助けを得られず、他人に助けを求められずにいた人を、
他人の目線で追いかける。

うまいやり方だと思います。

無知ゆえの残酷
いつもどうも。でしたか?
パン屋のおねーちゃんが柴田さんへ。
よく試食に来ている、しかし買わない男への皮肉をこめた感じで。
しかしながら、生活をこれだけで、文字通り食いつないでいる男からしてみれば、
最後通告とはいかないまでも、社会の見捨て決定打みたいな宣告にも聞こえたんじゃないでしょうか。
無関係の第三者からの、無関係ゆえのなんでもない、
彼でなかったらなんでもない、ただのセリフ。
おお、怖い。

ボーダーライン、その線上
どちらの側にもつけず、文字通り綱渡り。
誰かが本気で手を差し伸べてくれるエリアに
自分のプライドをかなぐり捨てて助けを求めるエリアに
どちらかのエリアに飛び込めていれば、こんなことにはならなかったのに。

っていうか、オリンピック招致も決まって景気回復がんばろうって言うときにこの再放送ってスタッフすごすぎでしょう・・・

拍手

PR