忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

セレクション12月10日【相棒7 #5】「顔のない女神」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason7より第5話「顔のない女神」です。
2008年11月19日に本放送がありました。

本作品は2013年06月27日にも再放送をしています。
あらすじを先にごらんになる方は下記へどうぞ!
http://tokumeigakari.no-mania.com/s7/0705


上にアクセスできない方は下記からどぞw
相棒全シリーズ

ちょこっと回想
自分を殺させるようにほのめかしておいて、実はよく似た背格好の別の人物を殺害させようとしていた。殺人教唆
自分を想ってくれるファンの想いの利用する。
ファン、さらによく似た別人を殺害。勘違い事件。
ファンも自殺。
動機は声を間違えたから。

・・・これだけ書くと、相棒史上、結構ひどい事件である。
にもカかわらず。

動機は声を間違えた。
私の声を間違えた・・・・
ずっと一緒にやってきた、私の声を・・・
声だけが自分を示す唯一のものといってもいいラジオDJ
それゆえに、他の人が声を間違えたからというのとはまた違います。
加えて、清水美沙さん(ローラさんの中の人)がまた切なそうにするんですな。
右京さんが、この、かなり悪質な犯人に、叱り飛ばせなかったし暴走もしなかったのは、ローラさんがあまりにも切なくて弱かったからではないかと今でも思います。

あらすじの、前回の感想でも書いていますが、周囲がドロドロしすぎて、ゆえに、女神様の想いが辛すぎるんですな。
どろどろがなければ、声を間違えられることも、もしかしたら、なかったのかも知れませんしね。

ちょこっとじゃなくなっちまったい。
結構好きな事件なのです。・・・私も酷いということなのか・・・?



拍手

PR