忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

セレクション10月3日【相棒5 #19】「殺人シネマ」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason5より第19話 「殺人シネマ」です。
2007年3月7日に本放送がありました。
本作は2013年03月04日にも再放送がされています。

ご参考までに
今日のあらすじはこちらから!
http://tokumeigakari.no-mania.com/s5/0519

前後のお話はこちらからどうぞ

他シリーズ
相棒全シリーズ


今日の回想的感想

ある意味、安楽死?
死期が迫っていた被害者・・・いや、本人、害をこうむったとおもっているのかどうか。
監督の、最期のときの望み。自分の作品をみながらそのときを迎えたい。
それをかなえてあげたかった。
という動機。
また、監督のその気持ちを、そしてそれを汲んだ犯人の気持ちを
知っていた周囲の協力。


殺人に隠蔽と、言葉で表すと同じなのに、環境が違うとこうも変わるものなのかと思わせられる作品です。

それでも罪は罪か?
今回、あまりにもしっとりしてしまった所為か、右京さんが暴走しない感じで。
ちょっと動機がずれようものなら、
被害者が望んでいたとしても、人の命を奪うことは許されません!
とかなんとか、吠えそうじゃない?右京さんだし。

みんなが悲しくて痛々しくて、
罪なのは知っていたし、
なにより監督にはもっと生きて欲しかっただろうし、
それでもどうしようもない死期だったからっていうのは・・・ね。

どっかのコナンくんなら、殺人を”させてしまった”監督にも、若干の憤りと悲しさを含ませるんだろうなぁ。なんてね。






拍手

PR