忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒4 #10】 「殺人生中継」

本日の相棒セレクション(再放送)はseason4より第10話 「殺人生中継」です。
2005年12月14日に本放送がありました。

四本立て最後です。
ゴ−ルデンボーイhttp://tokumeigakari.no-mania.com/no/1103
シンデレラの靴、
犯人はスズキhttp://tokumeigakari.no-mania.com/s5/0503
殺人生中継
で放送しています。

感想な回想
イタミンが非番なのに借り出されたらしいので見ます<ぇ
借り出されたということは、応援要請があったということで。別に本人の意思とは関係ないと思うんですが、三浦さんも芹沢君も何で??っていっちゃったそうでwwwなんか不憫だわwwww
もしかして、断っても良かったのかな?なのに来ちゃったとか?
・・・ヒマなのは休日のイタミンだったりしてなwww

捜査令状的なもので手に入れないのか
アナウンサーオタク、アナオタ仲間から、当時のビデオを借りたという米沢さん。
事件の証拠っていうと渋る人も要るだろうけど・・・
オタ文化万歳だな。

犯行としては、ひとりよがりなので、今回は右京さんは怒ってもいい
・・・と想ったら、亀ちゃんの方が激怒www
ただ、愛なので、どうなのかなとも思う。
私が健全でないだけかもしれないけど。

実際は生中継ではない
テレビ放送という間接的な音声ゆえのトリックでしたね。
しかし、番組スタッフは生で聴いていたので、テープ越しでは?と誰も想わなかったのか不思議ではあります。
プロなので、テープ越しとリアルの違いぐらい聞き分けられそうなもんですが。
あるいは、聞きなれているので流してしまったんでしょうか?

届かぬ思いと異邦の価値観
同性愛って・・・いってしまってもいいものか。いいか。
相手が異性愛者である可能性のほうが大きいので、適わない可能性のほうが大きいわけで。

誰かに盗られるぅ、ぐ~らぁいならぁ~
あなたを殺してぇ~いいですかぁ~~~♪((C)石川さゆり)

的な。実際には、そこはモラルとしてダメ。といっておきますけれども。
でも、そこまでの情念というかなんというか。
加えて、一生の喪失を後悔するぐらいの本気だから。
どことなく切なさが残る感じがします。

話は変わって、コミカルな愛情オチ
一生の喪失といえば、角田課長は大丈夫でしょうかwww
次の週では復帰していたのかなー。


粗筋
 朝の天気予報。新人キャスターの八木沼リカ(宮地真緒)が、テレビ局のテラスから中継している。
リカの大ファンという薬物対策課長の角田六郎(山西惇)は、画面に釘付けの状態。
その時、テレビから女性の悲鳴が!
 角田と一緒に画面に見入る杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)。
リカは撮影クルーとともに、声が聞こえてきた方へと向かって走る。
そして仮眠室に入った一同は、リカの先輩アナウンサー・綾瀬圭子(東風平千香)の刺殺体を発見するのだった。

 生放送で殺害現場が中継されるという前代未聞の事態に、世間は騒然。
警察は、全国の注視にさらされながら、慎重かつ迅速な捜査を求められることになる。

 テレビ局は事件発生直後に封鎖。現場に到着した右京と薫は、アナウンス部長の仁科真由美(竹井みどり)から、圭子はある時期、熱烈なファンによるストーカー行為に悩まされていたと聞かされる。
毎日のように届く手紙は、内容が次第にエスカレート。
自宅ポストに「殺してやる」との脅迫文を送られるに至り、局は送迎を手配した。
そのせいか、ストーカーの正体は分からずじまいだが、最近は被害が収まっていたという。

 手柄目当ての捜査一課は、特命係をつまみ出しストーカー情報の収集を始める。
一方、右京と薫はリカのもとへ。
圭子はリカの教育係だった。
特に、敬語の使い方を仕込まれたというリカは、圭子を尊敬し「大好きな先輩でした」と涙を流す。
ストーカーについても「その話は伺っています。ご自宅にまで参ったことも…」と。
「参ったではなく、行った」と、すかさず敬語の誤用を指摘する右京。
圭子に注意された懐かしい記憶がよみがえったのか、リカの目から再び涙がこぼれ落ちる。
お茶でも飲んで気分を落ち着けてもらおうと、自販機で飲み物を買う薫。
と、その奥に怪しい男が…! 

 仮眠室の検証により、圭子は自分でドアの鍵を開けていたことが分かる。
また、極度の近眼だった圭子が眼鏡を掛けずに応対していたことから、犯人はストーカーではなく、ごく親しい人間の可能性があると右京は推理する。
さらに、通風用の窓が開いていることに何かを感じる右京…。

 身内犯行説はすぐに捜一に伝えられる。
アナウンス部から一人ひとりのアリバイを聴取するトリオ・ザ・捜一。
その結果連行されたのは、なんとアナウンス部長の真由美だった!




拍手

PR