忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒15 #12】臭い飯

2017年01月18日の相棒シーズン15は、第12話「臭い飯」です

感想部分~~~
冠城の”しょく”へのこだわり
”職”への不満は”食”が限られることなので、良いお店にやってきたと。
でなくて結局はオーナーシェフさんという”色”目当てですかというツッコミ待ちですねこれwwww

ディナーなんか食ってる暇ねえんだよ!
冠城さん、青木さんになんか話したのかな?
勝手に行ったというか、誘われないことへの不満からイタミンらへもリークされていたとwww

白骨遺体
埋まってたとかじゃなくて、シートの下に放置されていたということらしいですね。

部長とカツ丼
警視庁内の食堂は、結構美味しいらしい?
冠城さん曰く、刑事は弁当か店屋物みたいな話だけど、自分のところてのもありかもしれないですねー。
・・・と思ったら?

警視庁の食堂もタキガワの米使ってます
思わず箸が止まる部長であったwwwww

白骨遺体は1年ぐらいかかる
その頃の、不正疑惑に対する証明みたいなのはありますかー?という話でしたが。
なんだっけ?なんか使うと白骨化って促進できるんだよね?

前科13犯
軽犯罪のみとはいえ、それはそれで凄いぞ亀井さん。

胃袋掴まれちゃったパターン?
青木のうまいこと言ってみた話。
タキガワの不正疑惑に、オーナーシェフさんことしおりさんも関わっていると聞いての冠城との会話。

中華のフルコースは俺が持つから!
出所後の亀井さん。
手帳に何やら書きつけてあるけど、以前ご贔屓だった店とかなのか?
本当に、持ってくれるのかなあ。

ターンテーブルとカメラワーク
見ていて面白かったwww

案の定
3万円?冠城さんお支払いwwww
あの手帳って、実は無銭飲食できそうなとこをピックアップしてたりしてな。

前科者とシャバ
亀井さんにとって。
シャバは地獄みたいなので、刑務所に戻ることは抵抗ないんだそうで。

タキガワ社長の家庭ごみから?
社長手づから捨てに行ったゴミ袋から、白骨遺体こと、蜂谷さんの荷物が?
・・・ごみ収集業者のお兄さんも、仕込めるんじゃないかなあ。

工場長の話
そんな社長さんは当時アリバイ?
証明したのはなんとしおりさん。
愛人という形での証明に、冠城どうするどうする!?

本気を笑ってはいけません!!
別に好きな相手がいて、しかも不倫していた人だけれども。
冠城さんが結構本気なのを茶化す青木さんを、叱る右京さん。
やっぱり、右京さん的に、正義よりは愛なのか?

鑑識に出入りする特命係
およ、初めてじゃないのか?
そして、亀井さんの実家の物質がでたということは、亀井さんが犯人?

遺体遺棄は犯人
自殺だったのか。
白骨だから、殺害手段がわからないて捜査でしたが、
白骨だから、自殺か事故かもわからないってカテゴリの話だったのね。
告発文は本物だったけど、自殺よりは他殺されの方が、信用性は出るって感じか。

やっぱり収集車の人!
おぉ、俺名推理(笑)
その方も、もと受刑者という繋がりがあったそうで。

地獄で生きていかなければいけない人
今回、ちょっと右京さんがどうでるのか気になっていたんですが。
そうかー、そうだよなー。
前科者が立場苦しいのはあるかもしれないけど、
そもそもの事件被害者や、前科者の家族は、犯人になった瞬間から、下手すると容疑者の段階から、もう苦しいんだよな。
その人たちは罪を犯していないので、刑務所へ避難させてもらえない。
ずっとシャバという地獄で生きていくしかない。
行きづらいと思うならばこそ、前科者もシャバで生きていくべきだっていうのは、ちょっと納得した。

そもそもの犯罪が、どうしようもなかったとか、
今回みたく、警察は手を差し伸べてくれるか?っていう問いとかは、また別の問題にしてね。


次回、ソン&米沢先生初登場!?
しかも前後編!?
しかも映画前日譚ですか!?
これで最終回スペシャルじゃないのか?
(通常、3月ぐらいまでやるけど、後編がその可能性はあるか?)
やべえな、テンション上がりまくりですよ。






粗筋はこの下から

あらすじ
2017年1月18日(水)よる9:00~9:54 
第12話「臭い飯」

白骨となった遺体の身元調査を命じられた特命係。
発見されたという場所にやってきた2人は、遺留品と思われる「大手米穀販売会社・タキガワが、主食用の米に加工用米を混ぜて販売している」と書かれた紙を見つけた。

一方遺体の骨髄からDNAを取り出したところ、前科のある人物と適合する。遺体は蜂矢という名前で3年間服役の後、紙にあったタキガワへ再就職していた。彼の再就職に関わった協力雇用制度は、冠城が法務省時代に関わっていた案件で、元受刑者が社会復帰できるようにするためのものだ。
しかし元受刑者を受け入れてくれたはずのタキガワでは、不正が行われていたと紙には記されている。

ところが、蜂矢の失踪タイミングと合わせるかのように、退職者がいることも明らかに。亀井というその人物は累犯受刑者だった。
話を聞いてみたが、関係ない一点張りで詳しいことはわからないまま。
刑期を終えたところを捕まえてみても、のらりくらりをかわされてしまう。

さらに事件は、冠城行きつけのレストランオーナーのしおりにも及んでいた。彼女はタキガワの経営にアドバイザーという形で関与していたのだが、不正の疑いがかかる直前に身を引いている。果たして偶然なのか?


ゲスト:笹野高史 入山法子

拍手

PR