忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

セレクション9月18日【相棒01 #04】「下着泥棒と生きていた死体」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason1より第4話「下着泥棒と生きていた死体」です。
2002年10月30日に本放送がありました。
2013年02月08日にも再放送がありました。

いよいよシーズン12まで残り一ヶ月ですね!

今回のあらすじはこちらからどうぞ
http://tokumeigakari.no-mania.com/s1/0104



相棒全シリーズ

回想的感想
自分たちの立場を犠牲にしてでも、真相にたどり着こうとする特命係と、
自分たちの立場を慮って、隠そうとする上層部
その板ばさみになって、どうすればいいのかわからない下層部

相棒の典型的な警察事件スタイルというかなんというか(苦笑)
そういう意味では、ここでも右京さんの暴走正義がうかがえますね。
もっとも、今回は、良心の呵責があるか否かはさておいても、悪い人ばっかりなので、被害者というべきは巻き添え食って謹慎な亀ちゃんぐらいでしょうか?

とはいえ、良心の呵責があるなしではまた違うのですよねー。
佐古さん。
というか、自分で実際に見殺しにしたというか、実行犯は自分だという思いがあるから余計ですよね。
上層部はそうだよなー、自分で手を下さないから、ばっさりできるていうののもあるのかもしれないっすね。



拍手

PR