忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒7 #11】「越境捜査」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason7より第11話「越境捜査」です。
2009年1月14日(に本放送がありました。

本日ラストの3話目です。
一人になると、まあ、好き勝手やりますねこのおじさんwww


あらすじのネタバレ注意です
粗筋
角田(山西惇)課長らの捜査に協力した右京(水谷豊)は、拳銃を持った容疑者を追い、神奈川県警とともに住宅街で一軒一軒しらみつぶしに捜索することに。

そのころ同じ住宅街の一角にある藤堂(五代高之)宅では、娘が誘拐され、神奈川県警の早川刑事(益岡徹)らが犯人と極秘裏に電話による駆け引きを行っていた。
右京は藤堂の自宅に異変を感じ、やがてこのもうひとつの事件に首を突っ込むことになり…。
右京が焙り出した真実とは?

ゲスト:益岡徹 五代高之
脚本:ハセベバクシンオー
監督:橋本一


感想な回想
まさかの警察なりすまし事件。
通報受信からやるってのがなかなかないですよね。

普通は、通報があったんですが・・・と、第三者からの連絡があったように見せかけて乗り込むって言うか。
まあ、本物を足止めしなければ行けないので、誘拐には向かないというか、すぐ正体を現しても問題ない?事件限定になっちゃうんでしょうが。

今回は、理性的?な犯人さんだったので、右京さんも冷静に追い詰めて言ってますが、
キチガイ的な?犯人だったらどうなっていたでしょうね。
今後、相棒候補というか、右京さんストッパーの憂き目(苦笑)に遭う人たちがどんどん出てきてしまうので、右京さん一人で暴走しちゃってっていうのがなかったのは残念なような・・・

拍手

PR