忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒7 #2】「還流~悪意の不在」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason7より第2話「還流~悪意の不在」です。
2008年10月29日(に本放送がありました。

2話目および解決編。
しかし、悪意の不在ってうまいこと言いますね。
はい、悪意はなかったんです。
でも、それしか方法がない・・・と犯人は感じてしまったがために起こってしまったのです・・・

以降ネタバレ注意です

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ


粗筋
殺害された兼高(四方堂亘)の手帳にあった『シンガポール 空』は何を意味するのか!?
右京(水谷豊)はシンガポールという地名と容疑者の小笠原(西岡徳馬)が貿易関係の仕事をしていることからある推理を組み立てる。

小笠原の部下・田坂が逃亡先のスイスで拘束され、黙秘し続けていた小笠原はついに薫(寺脇康文)に真実を語る!
驚愕のその内容とは!?
小笠原はなぜ兼高を殺害したのか?
そしてその裏で暗躍した意外な人物とは?

善意と巨悪が交錯する渾身の第2話!!

ゲスト: 津川雅彦 西岡徳馬
脚本: 輿水泰弘
監督: 和泉聖治


感想な回想
まさかの瀬戸内さんの黒幕事件

止めなければ膿腐っていくばかりだ!!

っていう瀬戸内さんの怒りと、
瀬戸内さんの先輩、NGOのえー、名前失念でごめんなさい。の

キミも何をしでかすか解らない人物だったな

とかなんとかいう驚き
がすごく印象的でした。
瀬戸内さんは批判できないなあ。
自分から、これは正義だとかなんとか言ってるわけでも無いし。
でも、快楽的犯行ってわけでもないし。
むしろ好感度高いです。
・・・っていったら右京さんには怒られそうだけど。

同時に、兼高さんが与えた影響は亀ちゃんにも重く、
僅か9話にして、彼は兼高さんが残したものを求めて旅立っていきます。

拍手

PR