忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

セレクション9月29日【相棒5 #1】「杉下右京 最初の事件」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason5より
第1話「杉下右京 最初の事件」2時間スペシャルです。
2006年10月11日に本放送がありました。

本作品は2013年04月08日にも再放送がされています。
あらすじはこちらで。
http://tokumeigakari.no-mania.com/s5/0501



相棒全シリーズ


回想的感想

近親相姦と親子愛
・・・被害者のやったことと加害者のやったこと。
この、真逆感。あるいは倒錯感か倒叙感か。
相棒って本当、ひねくれるのが好きよねー。さすが右京さんの世界か?
まあ、前者は、DNA的には幼児虐待なんですけど。
また、地位や名誉があるとはいえ、実際は”彼女の父親”を守るために家族ぐるみでがんばって隠蔽してしまうというのは。なんだかやりきれませんね。
しかも、これでシーズン5幕開け回!っていうwww
聖子さんがその後がんばる!っていう感じだけでは終われないですよね・・・

実際は血縁ないけど。
そういえば被害者がお家と血縁があるので、じゃあ聖子さんって実際はおじい様おばあさまとの血縁はないのですかね。
それでも、守ろうとするあたり、なんかじんわりきてしまいます。
お父さんがもと書生さんだからっていうのはもちろんあるとは想うんですけど。

聖子さんのその後
そういえば、出たんだっけどっかで。宗家さんの後をついで、立派に政治家活動してるといいんだけど。
・・・そういう点では、彼女って、片山せんせーの対極にいますよね。





拍手

PR