忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒4 #18】「節約殺人」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason4より第18話「節約殺人」です。
2006年2月22日に本放送がありました。

本日はコレだけです。そろそろネタがやばいのかどうなのか。
どちらかといえば、本放送時間の次番組、遺留品捜査の再放送が入ってきていますから、その関係かな。映画告知もそろそろいいだろうし。

あらすじのネタバレ注意です

粗筋
 カリスマ的人気を誇る“節約主婦”としてテレビや雑誌で人気の松原宣子(伊藤かずえ)宅で、殺人事件が起こる。
夫・真澄(平良政幸)が殺され、その犯人・浅田裕久(光宣)を宣子が正当防衛の末、殺害したのだ。
真澄は刃物による刺殺。
浅田は花瓶で頭部を一撃されていた。
浅田は真澄にゆすられていたと言ったらしい。
浅田の携帯には、確かに真澄からの着信履歴が残っていた。
そして真澄のポケットからは、浅田と若い女性のツーショットが待ち受け画面になった、女性が持っていたらしい携帯電話が見つかる。

 同日、ツーショットの女性・馬場香織(後川佳織)も、松原家近隣の雑木林で刺殺体となって発見される。
死後の経過は二日ほど。
遺留品に携帯電話は無かった。
やはり彼女の物か。
それをなぜ真澄が…。

 特命係・亀山薫(寺脇康文)の推理はこうだ。
浅田は不倫関係にあった香織から別れ話を切り出され逆上。
雑木林で殺害して逃げ去るが、その現場を偶然に目撃した真澄が、香織の携帯電話を奪って浅田を脅迫。
ところが逆に浅田に殺されてしまった…。

 その間、同意も否定もせず、宣子の雑誌をめくりながら薫の話を聞いていた杉下右京(水谷豊)は、まったく別のことを考えていた。
掲載されている宣子の自宅写真と、現場検証時のインテリアが、家具の配置や置物の位置まで変わっていないにも関わらず、浅田を殴った花瓶だけが写っていなかったからだ。
代わりに置かれていたのは古伊万里の高級品。
対して、犯行に使われた花瓶はどう見ても安物だ。
花瓶以外にも右京は、宣子の証言に関して疑いを抱いていた。
ナイフを向けられれば、人は抵抗するというもの。
しかし、宣子の夫にその跡は見られなかった。
室内にも争った形跡は無い。
また、誰かをゆすろうとした時、自分の番号を相手に知らせるような真似をするだろうか。
着信履歴を残そうという作為を感じ取った右京は、すべての証言を行った宣子を強く疑うのだった。

 事件翌日、右京たちはすでに仕事を再開しているという宣子の“節約術DVD”の収録現場に赴く。
急ぎの仕事でもあるし、真澄も雑誌に出ることを喜んでいたからと、涙を隠して収録に臨む宣子。
しかし、出版社に問い合わせると、急ぐ仕事ではないので収録の中止を申し出ていたという。
また、香織が殺害された夜も、宣子は同じように収録を行っており、終了時間から換算して、事件を目撃する可能性があったことも分かった。
だが、問い詰められた宣子は、同時刻、スーパーで買い物をしていたとレシートを提出し、アリバイを証明する。

 右京と薫は、たまきから重要な情報を得てアリバイ崩しにかかる!

感想な回想
見所は、お料理に挑戦する右京さん<また事件じゃないところを・・・

まあ当然のごとく、宣子さんを油断させる困らせるというかむしろ警戒心バリバリ罠なんですけどね。

この事件って、なんか扱いやすいんでしょうかね。やスタッフ的に。
シーズン4という早い段階での事件なので、必然的に放送される確率も高くなることはわかるんですけど、もうタイトル観ればどういう事件かわかるぐらいには、覚えちゃいましたね。

宣子さんさんが節約したものとは?
たまきさんの重要証言とは?
(何が怖いって、被害者および容疑者が著名人の場合、たまきさんがファンだったり何かしら利用しているってことだなww)

拍手

PR