忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。 *Comment is approval system!*

【相棒17 #2】ボディ~二重の罠

2018年10月24日の相棒シーズン17は、第2話「ボディ~二重の罠」です。
前回と併せて合計2時間半とちょっとスペシャル(笑)
今回は22時9分までやります。

管理人の感想部分~~~


デストロイヤー×2
wwwwwwww
三上教授曰くの特命係

鐵太郎さんから電話が来ているという話は峯秋さん経由で特命係に
ちらっとでも見せちゃったのは失態というべきかな三上さん。
そして特命係を庇う峯秋さん。
三上教授は部下だからって言ってるけど、やっぱ評価してるんですよねー。

楓子さんの第2弾に対するみんなの反応
衣笠副総監⇒大激怒
鑓蔵公安委員長⇒大爆笑
大河内監察官⇒マスコミへ会見大変です。
しかし、不倫を記事にするかどうかを、三上教授に打診して離れ破壊の件を詳しく聞き出すとか、楓子さんさすがとしか言いようがないすな。

今日も大木さんがいるー!!!

「コンクリと一緒にまた現れた!!」
wwwwwww
鬼束家ってギャグセンス高いんと違うか?
こちらは鋼太郎さんのセリフ。
工事の人と一緒に特命係がやってきたのを見て。
二度見も秀逸でした。

最初の遺体隠しは竹林の中
そこから離れの下に移動したと。

祥さんは鋼太郎さんの味方
これは、やっぱり…としか言い様がないな。
遺体が発見されたことで改めて事情を聴くことになったら、
三上教授VS鋼太郎さん&祥さんで真っ二つに意見が分かれるという。

頭に傷がない!?
おっとぉ、バカボンイメージの鋼太郎さん、意外にしたたかだぜ。
視聴者目線でも鐵太郎さんの血と思しき染みがあるのは見ていたのだけど、あれも偽装だったのか。
警察での調査が鋼太郎さん側の結論と一致したことで、三上教授がさらにピンチに。

辞任のお願い
委員長、ヤリ蔵って読むんですね。
鐵太郎さんと言い、旧字体?画数多いの好きだなー。
そして三上教授に辞任のお願い。

幸子さんが言うと説得力ある恋の副作用
何が起こるかわからないってそりゃあ、そうすぎますよねえ女将さんww

鋼太郎さんと祥さんはデキている
のは、楓子さん情報でしたか。

竹林からたぬき
ならぬ、アライグマ?
本当にいたんか小動物。

今は行方不明
これは…逆に違ったら拍手していましたが…。
血が偽装工作って情報出ちゃってたので、想像付いちゃいましたなあ。

真犯人も祥さん
おっとぉ。
というか、デキている件も、鋼太郎さんの一方通行感。
「なんとかしよう」と、祥さんを支えようとする鋼太郎さんの影でニヤリとか!!
悪女パターンキタコレwww

しくじりに甘くなった峯秋さん
殺人こそなかったものの、とはいえ遺体隠蔽の件がある三上教授との面会。
以前より丸くなったと自嘲気味で。

「今は再チャレンジを薦めたい」
表面的には三上さんへのエールなんでしょうけど。
脳裏に浮かぶのは不出来な息子のこと。
ってかエンディングテロップ!!シーンより先に成宮さんの名前出ちゃって予想付いちゃったよ!!wwww
しかし、

ぶん殴るシーン
峯秋パパがカイトくんを。
ってあたりは、やっぱ感動ものですよな。
とはいえ、

これなんてスタッフからのラブコール!?
って思ったのは私だけじゃないとおもうんだがどうだろう。
峯秋パパからの発言なので、やや偉そうな感じになっちゃってはいますけど。
ねえ。

副総監、辞表はしっかり握っておくの巻
一応遺体を引っ張り出したということで、誓約書は破棄に。
でも、右京さんの辞表(ちゃんと提出までやってたらしい)は、破らずに握っていると。
そして青木君を叱るの巻wwwww
そりゃあ、いつまでもサイバー分室はダメですよなあ。

*アライグマはペット禁止です
フィクションです以外に、念のための注意事項がwww

次回のゲストは森本レオさん
大人しいどころか、叫んでるなー。
辞書執筆してる人?

右京「マジ卍」
wwwwwwwwwwwww
多分なんか調べたんだろうけど、
辞書単語関係なんだろうけど、
笑うしかないですww






粗筋はこの下から


あらすじ
2018年10月24日(水)よる9:00~10:09
拡大スペシャル 第2話「ボディ~二重の罠」

鬼束家の離れからは、結局何も出てこなかった。
退職が確定してしまった右京だが、残務処理を理由に、亘と捜査を続ける。
右京が目をつけたのは、未だに鋼太郎が父の携帯電話を所有していること。
祥にも心理的な揺さぶりをかけ、真相を探っていく。

ところが、楓子による第2弾記事が、よりによって離れの破壊について、警察の横暴な捜査という内容で掲載されてしまう。
おまけに三上教授が、横暴を事実とした上で「国家公安委員として警察を信頼している」旨の発言をしたことで、警察は完全に動きを封じられてしまったのだ。
同時に右京は、正式に辞表の提出を余儀なくされてしまう。

しかし一方で、これまで三上教授の動向をただ見守っていた国家公安委員長の鑓鞍にも動きが見られ…?

ゲスト:とよた真帆 利重剛 谷村美月 芦名星 柄本明
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一

拍手

PR