忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒10 #11】「名探偵再登場」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason10より第11話 「名探偵再登場」です。
2012年1月11日に本放送がありました。

本日の2作目。
そういえば、マーロウさんも結局でないなあ。でたっけ?出てないよね?
再々登場に期待

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

以降ネタバレ注意です。
本日のあらすじです
 探偵社を経営している樋本(鈴木省吾)の遺体が発見された。
 樋本の元妻でかなりの美人の佳美(陽月華)に容疑がかかるが、彼女のアリバイ証言したのがあの私立探偵・矢木(高橋克実)だった。
 矢木は自らをマーロウ矢木と名乗る探偵で、かつて美大生殺害事件(シーズン5 第10話)で右京(水谷豊)らの捜査に割り込んできた男だ。
ハードボイルドに憧れ、どこかお調子者。
そんなマーロウ矢木と今回タッグを組むハメになってしまったのが尊(及川光博)だった。

 マーロウ矢木が証言した佳美のアリバイというのが、佳美は犯行時刻に矢木とラブホテルにいたというものだった。
 そのこと自体が嘘くさいが、なにごともなくホテルにいただけだと言い張る矢木。

 しぶしぶながら尊はマーロウ矢木と樋本のオフィスへ。
そこでも違法スレスレの捜査をして樋本のデスクの資料を覗き見ることに成功する矢木。
その結果、樋本が資産家の福栄義英(松熊信義)から依頼を受けていたことがわかった。

 「ハードボイルドに資産家と美女はつきもの」などといいながら勝手に盛り上がるマーロウ矢木を後目に頭を抱える尊。

 樋本を殺害したのはいったい誰なのか?
 資産家・福栄義英は被害者の樋本になにを調べるよう依頼していたのか?

ゲスト:高橋克実 松岡由美 矢柴俊博 陽月華
脚本:戸田山雅司 監督:近藤俊明


頭を抱えるソンが見もの・・・なのかどうなのか。
そして多分矢木さんはまた事件を解決しているに違いない。
・・前の時間の犯人は、矢木さんを監禁すればよかったんじゃないのかなー。
なんてね。

拍手

PR