忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒9 #16】「監察対象 杉下右京」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason9より第16話「監察対象 杉下右京」です。
2011年2月23日に本放送がありました。

本日2話目です。
イタミンが右京さんにたいして好意的という映画企画???
各キャラの右京さんに対する想い(監査なので表向きかもしれないけど)がわかる映画企画??
両方かな。

以降ネタバレ注意です
前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ



粗筋
右京(水谷豊)に対する差出人不明の告発文が監察室に届けられた。
出張中の大河内(神保悟志)に代わって、監察官の栞(堀内敬子)が、捜査権のない特命係が捜査に関与している殺人事件について調査を始める。

ネット証券の寵児で、最近では脱税の噂が浮上していた証券会社社長・金谷の遺体が発見された。
米沢(六角精児)にかかってきた電話で事件を知った右京は、尊(及川光博)と現場へ。
自殺の可能性が高いが、右京らは殺害現場のマンションに疑惑を抱く…。

右京のおかげで他殺の可能性を見出すことができた。
米沢は右京を庇うが、栞は職務執行法違反の可能性があると手厳しい。

栞は伊丹(川原和久)、角田(山西惇)、そして尊と聴取を進め、同時に右京の事件解決のプロセスが違法性が高いことへの追求を深めていく。
果たして、右京の運命は…!?

ゲスト:堀内敬子
脚本:戸田山雅司
監督:田村孝蔵


感想で回想
推理物は、番組内に無関係なものはないと心得るべし。
なんてね。
当時、まさか!と驚いたのか、あるいは、相棒クオリティと納得してしまったのかは当時の私のみぞ知るって感じですが。

最終的に事件は解決するわけで、栞さんが、実は右京さんの手のひらだったりするのが逆に怖い。
しかしまったく大した職権濫用ですよね。

大河内のにーちゃんが、最後はしめてくれるのも見ものかな。
自分の部下がっていうのは、やっぱり残念ですよね。っていうのが、若干伝わってきて(だって無愛想なんだもの)それだけに切ない感じも。

みんなの取調べは、右京さんの味方なんかしてないよといいつつ庇いまくりのツンデレ祭りで。
このおっさんたちどうしたらいいのかわからないwwwww
まあ、あくまで皆さん警察官だし、右京さんを根っから嫌っても居ないので、貶めるようなことはしない。それこそ悪の道はしないというポリシーがあるんでしょうけど。

拍手

PR