忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【相棒04 #14】「アゲハ蝶」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason4より第14話「アゲハ蝶」です。
2006年1月25日に本放送がありました。

回想な感想
虫博士」の亀ちゃん
そういえば、なんか詳しかったですね。体育会系なのに・・・
とはいえ、野山をかけずりまわっていたという意味では、らしすぎるなww
課長の持ってきたオオクワガタの幼虫について、その飼い方を指導するという冒頭。
偶然にも虫関係の事件というのは・・・
また、同じく「虫博士」と呼ばれていた米沢さんと意気投合するなど、なんかほほえましいような場外です。

染井さんの狂気
今回の自分からスケープゴートこと、コレクターさん。
何をしてでも蝶が欲しい・・・>2人の人間が殺害されている
まあ、解りやすいというか。
今回、コレで本当に染井さんが犯人だったら、それはそれで逆にびっくりしたかもしれん。
いやはや。まさに典型というか。
薄暗い部屋でコレクションを見てむふふふふてきなシーンとか、キモいが相応しいこのこの上ないですね。・・・もちろん褒めてますよ。

ミヤモトアゲハの正体
明津化学による工場汚染で突然変異した蝶?
という右京さんの仮説。
第一の被害者である野口さんがそれを元に会社へ謝罪と賠償を求めた。
つまり会社が口封じで殺害したのではないか?という推理。
同じくその事実に気付いたらしい教授も第2の被害者に・・・というわけ。

オークション1回目
まさかの前例があったとは。
(クレメンスの腕でいいんだっけ?シーズン11参照のこと。)
そして、またも右京さんが競りに参加して翻弄するっていう・・・
相手は、今回の犯人こと、明津化学の専務さん。
餌は、教授が隠し持っていたミヤモトアゲハの3匹目
犯人をはめる罠なので、仕方がないとは言え、億越えにまで発展しちゃって、参加していた染井さんの放心っぷりがwwwwww

ミヤモトアゲハの正体の正体
実際のところ、ミヤモトアゲハは正真正銘の新種だったというオチ
ちゃんと調べれば、公害が直接の原因ではないことは解ったという。犯人にとって悲惨な事件でした。
一方、3匹目の蝶は染井さんの手に。
やっぱり、犯人?の汚名を着せてしまったので、最後はハッピーエンドにしようというスタッフの配慮なんですかね。


粗筋
 野口史明(渡辺憲吉)の部屋。
テーブルには蝶の標本と札束が置かれている。
「お断りですよ」。
テーブルをはさんで対峙する相手を、帰そうとする野口。
その時…!

 翌日、野口は自室で刺殺体となって発見される。
そこへ、熱心な蝶コレクターの染井繁(飯田基祐)が、警察の制止を振り切り飛び込んでくる。
「蝶を取り返してください!」。
染井は、野口が持っていた世界に2体しかない新種の蝶『ミヤモトアゲハ』の標本のことを言っているのだ。
確かに、前日、札束と一緒に置かれていたその標本は、室内から姿を消していた。
ミヤモトアゲハの相場は300万円。
もし、標本目当ての殺人だとすると、もう1体の持ち主も危ない。
杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)はさっそく、保管場所の城南大学へミヤモトアゲハの第一発見者、宮本洋一郎教授(並樹史朗)を訪ねる。

 標本は無事。
だが、助手の小西美紗緒(板谷由夏)は、宮本教授の悠長な態度が心配でならない。
するとそこへ、あの染井が300万円を持って訪ねてくる。
ミヤモトアゲハを売ってくれというのだ。
教授にその気はまったくないのだが、染井は連日のように現れるという。
「あきらめませんよ…いつか必ず…」と、ぶつぶつ言いながら去って行く染井。

 野口宅から盗まれた標本は、かつてオークションにかけられていた。
300万円で落札したのが野口。
競り負けた相手は染井だ。その後、染井はどうにか金を工面し、幾度となく野口の家を訪れたという。
しかし、野口が標本を売ることはなかった。
その無念さが、染井を動かしていた。
「蝶を手に入れるためなら、どんなこともする…」。

 その夜、城南大学に再び染井が現れる。
美紗緒を捕まえて標本を売ってくれと迫る染井。
札束はさらに増え500万円。
実家の掛け軸を売ったという染井の狂気に、美紗緒は恐怖を感じ、逃げるように大学を後にするのだった。

 あくる日、大学の研究室で宮本教授の他殺体が発見される。
標本も見当たらない。
当然、染井は重要参考人として聴取を受けるのだが、「天罰ですよ」と笑うばかり。
「あの蝶を自分のものにする資格があるのは、この世でただ一人、僕だけなんだ…」。

 教授も野口も、「あの蝶を心から愛してはいなかった」と言う染井。
確かに、野口は染井のような蝶愛好家ではない。
しかし自宅には、染井が持っていたのと同様の、ミヤモトアゲハの採取・目撃地点が詳細に記された地図があった。
その分布状況を見て、右京はある確信を得る。ミヤモトアゲハの羽化地は、採取された地点よりずっと北にあり、季節風に乗って和歌山まで飛ばされてきたのだと。
風上には、5年前に地元住民の反対を押し切って操業を開始したものの、1年で閉鎖となったある企業の工場があった。
野口は、そこの元社員。
また、宮本教授が代表を勤めていた蝶協会のメイン・スポンサーでもある。
工場と今回の事件に、何か関係があるとしたら? 
右京は、ミヤモトアゲハが工場の自然破壊による“異常固体”なのではと推理を広げ…。









携帯の方専用シリーズ総合。
パソコンの方はサイドバーにて。
相棒全シリーズ

拍手

PR