忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒02 #15】「雪原の殺意」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason2より第15話「雪原の殺意」です。
2004年2月4日に本放送がありました。

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

以降ネタバレ注意です。
本日のあらすじです。
 ある日、美和子と待ち合わせていた薫は、男から金をもらってホテルへ行こうとする女性を拘束した。
その女性は北海道警が売春と売春斡旋で逮捕、公判を前に逃亡していた沙雪という女性だった。
偶然とはいえ札幌地検へ沙雪を送り届けることになった薫。
右京の許可をもらい、周囲から嫌味を言われつつも無事札幌へとやってくる。

 札幌では美濃部と北川という2人の刑事に沙雪を預ける。
しかし、その途端に美濃部が沙雪に激怒。
北川によると、美濃部は沙雪が中学生の時から補導していたらしい。
沙雪の母・みどりからホストクラブの加茂内という男にだまされ、売春を始めるようになったと聞き、薫はさっそく加茂内のもとへ。
しかしいくら問い詰めても証拠がなければどうしようもない。

 そして沙雪のそばにはいつも彼女の身を案じる大学の同級生・真二の姿があった。
沙雪が学校を辞め、加茂内と付き合っていたことを気にかけているが、どうやら真二は沙雪に惹かれているらしい。
その夜、薫は美濃部らと居酒屋へ行くが、勝手に捜査を進めていることをとがめられてしまう。
それでも薫は順調に調査を進めていたようだが、突如行方不明になってしまった。
美和子のもとには「調べたいことがあるからもう1日札幌に」という連絡があったきり。
右京は薫を探しに札幌へ行くことになるが、そんなことが決まった矢先、薫から電話が入った。
しかしろくに話もせずに電話は切れてしまう…。

 札幌へやってきた右京は薫が止まったホテルへ向かう。
薫が泊まっていた部屋からはピンクビラが発見され、通話記録を調べるとビラと同じ電話番号があった。
右京は以前、東京で世話をした薫の知人・栄一を呼び出し、彼のタクシーで薫の足取りを追う。
薫が加茂内を訪ねていたことはわかったが、加茂内の店の男によると別の五十過ぎぐらいの男も加茂内を訪ねてきていたとか。
薫の失踪と関係があるのだろうか?
泥酔していた薫が帽子とサングラスをした男とタクシーに乗車した事実をつかんだ右京は、栄一の車で薫らが降りたという広大な雪原へ向かう。
そしてその雪原の中央で右京は頭から血を流して倒れている薫を発見する。

 病院のベッドで気が付いた薫は、沙雪が加茂内に言われて売春していたことを証明しようとホテトル嬢を呼びつけて話を聞いていた、と右京に説明する。
その中でホテトル嬢が暴力団らしい男に拉致されて拷問される、という騒動が続発している事実をつかむ。
どうやら暴力団は加茂内を探していたらしい。
そんな捜査を続けていた矢先、突然頭を殴られてタクシーに乗せられたのだとか。
薫に調べられてはまずい人間の仕業に違いない。
やはり加茂内を探していたという50過ぎの男の仕業なのだろうか…。

 そんな薫らの捜査のおかげで沙雪は釈放されることになる。
母・みどりは沙雪に小樽へ帰ろうと声をかけるが、なぜか沙雪は「帰らない」と頑なに拒否する。
みどりに訳を聞くと、沙雪の父が10年前に小樽で人を殺し死刑になったと告白する。
苦しいながらも工務店を経営していた沙雪の父・恒夫だったが、仕事を回してもらえなかったことを恨み、とある業者の社長を射殺したのだという。
以来、みどりと沙雪は小樽にいられなくなった…。

 右京と薫は沙雪の部屋を訪ねる。
部屋にはコレッジョの画集が置いてあった。
毎年美濃部刑事が誕生日になると送ってきてくれるのだという。
用がないなら帰ってほしいと言う沙雪に右京と薫は加茂内の命が狙われていることを告げる。
沙雪から加茂内が住んでいる場所を聞き出し、右京と薫は加茂内のマンションへと向かう。
マンションの入り口で急いで出て行く何者かとぶつかるが、とりあえず加茂内の部屋へ向かうと、加茂内が死んでいた。
部屋には金のボールペンが残されているだけ。
マンションの入り口でぶつかってきた男が犯人なのだろうか?

 霊安室で加茂内の死を確認した沙雪はさすがにショックを隠し切れない様子。
そんな沙雪を見た同級生の真二は沙雪を元気付けようと大学の近くの教会へ行ってみないかと誘う。
一方、右京と薫は加茂内の部屋に残されていた遺留品を調べに、道南署の倉庫へと向かう。
遺留品のリストをチェックしていると、なぜかボールペンが遺留品の中に見当たらない。
リストに記載されているのに遺留品の中にないということは、署内でなくなったということになる。
となると、まさか署内の人間が犯人なのだろうか?

 右京と薫は事情を聞こうと美濃部刑事のもとへ向かうが、なんと美濃部刑事は自宅で殺害されていた。
部屋のテーブルには吸いかけのタバコと飲みかけのビール。
しかし美濃部刑事はタバコもお酒もやらないはず。
一体誰が?
ふと薫は北川刑事がヘビースモーカーだったことを思い出す。
そういえば美濃部刑事と北川刑事に沙雪を引き渡した際、北川刑事がボールペンを使ってサインをしていた…。
右京が現場で見たボールペンは金色だったという。
北川刑事が使っていたボールペンも金色だった…。

 加茂内を殺害した犯人は北川刑事なのだろうか。
北川刑事は裏で加茂内の売春組織とつながっていたが、関係が発覚するのを恐れて加茂内を殺害した。
美濃部刑事は遺留品倉庫で見つけたボールペンから加茂内殺害の犯人が北川だということをつかみ、そして自首するよう自宅で説得しようとしたが殺害された…。
確かにそう考えるとつじつまは合う。
そうなると加茂内とつながりのある沙雪の身が危ない。

 沙雪は真二と二人で大学の近くの教会へ行っているはず。
右京と薫が急いで教会へ向かうと、まさに北川が銃で沙雪を狙っているところだった。
しかし発射した弾丸は沙雪ではなく、近くにいた男に当たってしまう。
薫はもう一度沙雪を狙おうとしている北川刑事を何とか取り押さえる。
観念した北川は犯行を自供する。
やはり北川は加茂内とつながっていた。
そして加茂内との繋がりが露呈するのを恐れた北川は薫を襲い、犯人を加茂内に見せかけた上で加茂内を殺した。
しかしたった今、銃で誤射した男に殺害現場を出るところを見られてしまったため、ボールペンを落としてきたことを見落としてしまう。
そしてそのボールペンが現場から発見されたことで美濃部刑事に犯行がばれてしまい…。

 加茂内は以前、東京で懲役を受けており、そのとき独房で沙雪の父親を見かけ、沙雪の存在も知っていたらしい。
そんな沙雪がたまたま加茂内のいるホストクラブに入り浸るようになるというのは、まさに運命の悪戯だったのだろうか。
そんな事実を知り傷心の沙雪だったが、傍らで必死に真二がなぐさめていた…。

 一方、右京と薫は北川に撃たれた男が入院している病院へ向かう。ベッドにあるプレートからその男は「工藤伊佐夫」という名前であることを知る。
この工藤という男は一体何者なのだろうか?
なぜあの時、教会にいたのか?
目を覚ました工藤から事情を聞こうとすると、工藤はか弱い声で「私は人を殺しました」と言う。(つづく)

ゲストとキーワード
女子大生本宮沙雪 /前田愛
謎の男工藤伊佐夫 /小野武彦
道南署・生活安全課美濃部耕筰 /河原さぶ
沙雪の大学の友人沖真二 /内田朝陽
タクシー運転手若杉栄一 /マギー

札幌
人口180万人以上を擁する全国5番目の大都市。
昭和47年に政令指定都市へ移行し、現在は10の区から成り立っている。
語源についてはアイヌ語の「サッ・ポロ」=「乾いた広いところ」とする説や「サリ・ポロ・ペッ」=「大きな湿地のあるところ」とする説などがある。


・・・お父さんですね解ります。
というのは軽率でしょうか。
っていうか、あらすじを拝見したとことろ、(続く)が嘘じゃないんですよね。
嘘って言うか、相棒が続くんじゃなくて、この話がっていう。
今日はこの一話だけだったと思うんですが・・・明日放送なのかどうなのか。

とても深い話だったと思います確か。
これでは全然終わりません。

確か、沖さんも何かしら絡んでくるんじゃなかったかしらん?

亀ちゃんがとりあえず無事で何より(遅)

拍手

PR