忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒10 #19】「罪と罰」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason10より第19話最終回スペシャル「罪と罰」です。
2012年3月21日に本放送がありました。

ソンスペシャル?(苦笑)
シーズン10も19話だったんですね。

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

シーズン10もついにクライマックス!
神戸尊が特命係を卒業する最終回は絶対に見逃せない!

以降ネタバレ注意です
粗筋
バイオテクノロジー研究所の主席研究員・嘉神郁子(真野響子)が、文科省に呼び出され、娘の茜(浅見れいな)を使いクローン人間を作っていることを認めた。
何者かが告発文を文科省に送り付けたらしいが、クローン人間が誕生するというのは本当なのだろうか?

娘の茜は、半年前に夫と5歳の息子を事故で亡くし、自殺未遂を起こすほどのショックを受けていた。
そんな失意のどん底にある茜に頼まれ、やむなくクローン人間の制作に着手してしまった郁子。
郁子の息子で茜の兄でもある隼斗(窪塚俊介)だけは茜が身ごもっているのがクローン人間だと知っていたが神への信仰心が強く、たとえ母親や妹であろうとも、クローン人間を作ることは「神への冒涜」だというのだ。

しかし、そんな隼斗に対して郁子は勝ち誇ったように言い放つ。
「ママは捕まらないと思う」と。
事実が公になれば、国際的な問題となってしまう。
そんなことになるぐらいなら、日本国家は事実を隠ぺいするはず…。
強気な母に驚きを隠せない隼斗だったが、事実、隼斗は片山雛子(木村佳乃)とあの長谷川宗男(國村隼)に首相官邸に呼び出されてしまう。
代議士の雛子は現在は総理補佐官を務めており、元警視庁副総監の長谷川は、警視庁人質籠城事件(「相棒-劇場版II-」より)を受けて警察庁長官官房付きという閑職の身分にいた。
「君は今後一切このことを口外しないこと」と言われクローン人間のことを口止めされてしまう。

やり切れない隼斗は公園にやってくると、突然大声で演説を始めてしまう。
「あと数カ月でこの日本に、クローン人間が誕生するんです!」
そんな奇行に誰もが耳を貸そうとしない中、偶然通りかかった右京(水谷豊)と尊(及川光博)は顔を見合わせ…。
事件に興味を抱いた右京と尊は、やがて真相へと近づくのだが、その解決方法をめぐって2人は…。

右京の相棒として3年間特命係に在籍した尊が特命係を卒業する大変革が起きる最終回、再登場ゲストも交えた壮絶なストーリーの結末は絶対に見逃せない!

ゲスト:真野響子 浅見れいな 窪塚俊介 木村佳乃 國村隼
脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治


感想と回想
コピ-という命の問題。
そのこ自身のアイデンティティーはどこへいくのか。
そのこはオリジナルの子と本当に同じなのだろうか。
そのこはそれを認めるのだろうか。

思うんだけど、貴方はおにいちゃんの、もしくはお姉ちゃんの生まれ変わりだから。
っていうのを言っちゃ行けないと思う。
オリジナルと同じというのなら、オリジナルそのものとしてみるべきであって。
造った方がそもそもコピーとしてみているから、つまり本物は別にいる、と当人は悩むんじゃないかなと。
特に成長後の過程な。
オリジナルが生きているならともかく、しぼうしているなら、享年を超えたあとにどういきたかなんて想像つかないわけで。
反抗されたりとか、理想と違ったからって、本物はこうじゃない、やっぱり別物って思うのがどかしているんだと思う。
オリジナルの子が反抗期になったからって、そうは想わないのにね。

・・・ここらへんで置いておくか。

右京さんの暴走した正義を止める方法は命を掛けろ!
こっちもこっちで重いんだけど。
ソンの解決方法ですよね。

今回ばかりは、いくら右京さんでも正しいとは言いがたく。
どうしてもやめないのなら・・・っていう、ソンのセリフは格好いいです。

名前だけは頻繁に出てきて、ついでに映画にもまだ出まくっているソンの本当に卒業なの?
な回です。

拍手

PR