忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒1 #5】「目撃者」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason1より第5話「目撃者」です。
2002年11月6日(に本放送がありました。

本日は2本立てですが、前後の間にはあんまり関係が無いような・・・あるのかな?

以降あらすじのネタバレ注意です
感想な回想
・・・たぶん、相棒史上一番意外な犯人じゃないでしょうか。
年齢的にも、上回った(下回った?)話はないはずだと。
子供にこんな子とさせてスタッフがPTAから訴えられなかったか心配です(苦笑)

また、下記ゲストの名前にも注目
すでに逮捕されたはずの(切り裂きジャックの話はシーズン化前、プレストーリーに収録)浅倉さんの名前が。
いえ、別に浅倉さんがさつじんきょうさとかそういうんではないですが、彼の立ち位置にも注目です。

君は仲間
浅倉さんに(生瀬さんに?)文字通り鬼気迫る顔で言われちゃったら、子供は泣き出すわな。
こまったおねーさんはぞくぞくしかしないけど<どうでもいいよ

余談ですが、官房長が第一発見者で普通に(普段よりまじめに?)してるのがなんか面白い。


粗筋
 小学校教師・平良(岡部務)がボウガンで胸を刺され殺された。
偶然、第一発見者となった小野田(岸部一徳)からこっそり通報を受けた右京(水谷豊)は捜査を開始。
目撃者の生徒・守(染谷将太)から話を聞く。
図書室でひとり難しい本を読む守によると、本屋へ行く途中、ボウガンを手にした鉄工所の“ろくでなし”と平良が会っているところを目撃したという。
“ろくでなし”とは「いい年して親のすねをかじっている馬鹿息子」の佐々木(川口真吾)。
これまでにも下校途中の生徒たちをボウガンで脅かし喜んでいたらしい。

 頭はいいらしいが、生意気な口をきく守にコケにされ、薫(寺脇康文)は面白くない。
そんな薫を気遣うように、教師の恭子(美保純)は「何か失礼なことでも」と声をかけるが・・・。

 そんな中、拘束された佐々木の部屋の天井裏からボウガンが発見された。
そのボウガンが、今回の事件の凶器であることが判明。
佐々木は最重要容疑者となるが、決定的な証拠がない。
そんな折り、恭子が以前学校で平良に襲われていた事実が明らかになる。
右京と薫はもう一度、少年と女教師に会いに行くが・・・そこには衝撃の結末が待っていた!

(プロデューサー)
松本基弘(テレビ朝日)
香月純一(東映)
須藤泰司(東映)
西平敦郎(東映)
(脚本)
輿水泰弘
(監督)
和泉聖治

(出演)
杉下右京・・・水谷豊
亀山薫・・・寺脇康文
宮部たまき・・・高樹沙耶
奥寺美和子・・・鈴木砂羽
小野田公顕・・・岸部一徳

前原恭子・・・美保純
浅倉禄郎・・・生瀬勝久
手塚守・・・染谷将太       ほか

拍手

PR