忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

トリック 新作スペシャル3

1月12日放送
TRICK新作スペシャル3に関しての日記です。

あらすじは下に伏せておきます。
短いですが一応。
おkの方のみご覧ください。

これまで

画像が見れない方>>TRICK




あらすじ
解くと必ず死ぬ暗号!
骨肉の遺産争いの只中で幕を開ける不可解な連続殺人――
超常現象としか思えない仕業によって
一族の人間が次々と命を奪われていく!
奈緒子&上田コンビが挑む前代未聞のトリックの数々!
因習に縛られた一族の哀しい秘密と、恐るべき真犯人の正体とは


キャスト
山田奈緒子 / 仲間由紀恵

自称・超売れっ子実力派美人マジシャン。しかし、実際は手品の仕事をクビになっては、家賃の支払いに追われる極貧生活をおくっている。亡き父から受け継いだ、「どんなに不思議な現象もすべて奇術のトリックで再現できる」という持論と、生来の負けず嫌いの性格から、超常現象にまつわる事件に何度となく巻き込まれ、ニセ霊能力者たちとの対決を繰り広げることになる。

上田次郎
上田次郎 / 阿部 寛

日本科学技術大学教授。物理学者として学会でも一目置かれる存在だが、学者特有の頭の固さから単純なトリックにもすぐに騙されてしまう。しかし、人一倍プライドが高く、世界で一番頭がいいのは自分だという思い込みから、つい超常現象絡みの事件にかかわってしまい、自ら窮地に陥る。その度に、何かと理由をつけては奈緒子を巻き込み、各地に実地調査におもむく。

矢部謙三
矢部謙三 / 生瀬勝久

警視庁公安部の刑事。権威や目上の存在にめっぽう弱い反面、直属の部下や自分より立場が下の人間には異常に厳しい傍若無人な性格。奈緒子や上田がかかわる事件の現場になぜかいつも現れ、何の役にも立たないままその場を混乱させる。また、頭髪に深刻な悩みを抱えており、その手の話題には過敏に反応してしまう。

山田里見
山田里見 / 野際陽子

奈緒子の母。南海の孤島・黒門島の出身。島を守るシャーマンの血を引き、離れて暮らす奈緒子と何らかの力で繋がっているような不思議な姿を垣間見せる。現在は、長野で書道教室を開き子供たちを指導しているが、そのいっぽうで金儲けにも熱心。里見が書く文字には不思議な力が宿るという評判で、近年はあこぎな商売を次々に展開している。

秋葉原人
秋葉原人 / 池田鉄洋

警視庁公安部の刑事で矢部直属の部下。名前の読み方は、「あきば・はらんど」。アキバ系の電脳オタクで、いつも持ち歩いている奇妙なコンピューターを駆使して科学的な捜査を行おうとするが、その機材や知識が役立つことはほとんどない。また、独特のセンスの持ち主で、奈緒子に“萌え”の感情を抱いている。

池田ハル
池田ハル / 大島蓉子

奈緒子が住むボロアパート・池田荘のオーナー。家賃の取り立てに厳しく、特に滞納続きの奈緒子には容赦がない。現在は、アパートの住人だったジャーミーと結婚し、子だくさんの幸せな家庭を築いている。

ジャーミー
ジャーミー / アベディン・モハメッド

故郷に送金しながら家賃をきっちり収めていた律儀な勤労青年。元々は池田荘の住人で、奈緒子の隣人だったが、いつしか大家のハルといい関係になり結婚。ハルや子供たちと共に楽しく暮らしている。

照喜名保
照喜名保 / 瀬戸陽一朗

マジシャンとしての奈緒子を慕う唯一の追っかけファン。マジックショーの会場から、事件現場まで、奈緒子の行くところであればどこにでも姿を見せる神出鬼没の男。

水神華絵
水神華絵 / 飯島直子

水神家の三女。夫の修介は県議会議員をしているが、次回の選挙で当選が危ぶまれており、すぐにでも金がほしい状況。いっぽう、息子の明を次期当主にしようと目論んでおり、使用人の千佳子と親しくしているのが気に入らない様子。

水神月子
水神月子 / 藤田朋子

水神家の次女。亡き夫の跡を継いで総合病院で理事をしているが、医療ミスで訴えられ今すぐ金が必要らしい。また、行方が分からなくなっていると思われる一人息子の敦志が、いまも生きていると確信し、いつも側にいるように生活を送っている。

水神幸代
水神幸代 / 国生さゆり

水神家の長女。大手メーカー社長で上田を今回の一件に巻き込んだ達郎の妻。最近、娘の冬子が悪い男に騙されたらしく、会社の金で穴埋めしたという秘密がある。そのため、財宝を独り占めしようと、妹たちに先駆けて動き始める。

水神明
水神明 / 福士蒼汰

華絵の息子。水神家の使用人・千佳子と親しい関係にある模様。しかし、母の華絵からは猛反対されている。財宝のヒントが紛失した件では、幸代に疑いの目を向ける。

藤崎千佳子
藤崎千佳子 / 朝倉あき

水神家の使用人。華絵をはじめとする姉妹から疎ましい目で見られている。また、明と親しい関係になっているらしく、そのことでも華絵から目の敵にされている。

佐伯幸三
佐伯幸三 / 上條恒彦

水神家に長らく仕える弁護士で財産の管理を任されている。当主の公望から遺言状を預かっており、親族が全員揃ったところで開封するよう厳命されている。

神主
神主 / 石田太郎

尾古溝村の神社の神主。古くからの村の事情に詳しく、水源を独占していた水神一族が村の実権を握っていたという話や、村の言い伝えを奈緒子と上田に語る。

水神修介
水神修介 / 森岡 豊

華絵の夫。現職の県議会議員だが、選挙資金が集まらないと次の選挙は危ないといううわさが流れている。家庭では、押しの強い妻の尻に敷かれる恐妻家。

水神達郎
水神達郎 / 冨家規政

幸代の夫。大手メーカーの社長。上田の講演会の主催者という縁から実家に招待するが、その裏には“呪いの遺言状”の開封に立ち会わせるという魂胆が。

武本幸吉
武本幸吉 / 丸山智己

村の駐在所の巡査。休暇で来ていた矢部と秋葉の接待をさせられる。水神家で事件が起こると、とても自分の手には負えないと、矢部たちを捜査に巻き込む。

スタッフ

脚 本蒔田光治


音 楽辻 陽


エグゼクティブプロデューサー桑田 潔


プロデューサー高野 渉
山内章弘
蒔田光治
佐藤善宏


演 出堤 幸彦


制作協力オフィスクレッシェンド


制 作テレビ朝日
東宝


主題歌ティーナ・カリーナ
「いつかきっと」(デフスターレコーズ)


拍手

PR