忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒3 #3】 「双頭の悪魔」

今日の相棒セレクション(再放送)はseason3より第3話 「双頭の悪魔III~悪徳の連鎖」です。
2004年10月27日に本放送がありました。
片山雛子スペシャル第3回。

前後のお話はこちらからどうぞ
本日のシリーズ

他シリーズ
パソコンの方
相棒全シリーズ
携帯の方
相棒全シリーズ

以降ネタバレ注意です。

本日のあらすじです
 父の地盤を継いだ若手女性議員・雛子(木村佳乃)は、朱雀官房長官(本田博太郎)の愛人で、多額の機密費を手にしていた。
そんなスキャンダルを追っていた鹿手袋(西村雅彦)を刺したのは、雛子の秘書・小松原(中村方隆)の息がかかった男だった。
事件が公になるのを怖れた小松原は事情聴取の前に自殺。
事件は闇へと葬られることになる。

 しかし、鹿手袋を刺した事件と沢村補佐官の事件に関連があるとにらんだ右京( 水谷豊)は、沢村が朱雀官房長官と雛子の関係を知ったがため、自殺を装い殺害されたのでは、と推理。
右京の意見に同調した薫( 寺脇康文 )は動機から見て沢村殺しの犯人は朱雀 か雛子、と言うが朱雀 には確固としたアリバイがあり、雛子が一人で沢村を殺せるとは思えない。
さらに沢村が無警戒のまま、むざむざと雛子に殺されるとも思えず…。

右京はあえて朱雀に自らの疑問をぶつける。
なぜ 朱雀は沢村補佐官から自殺するという電話を受けたとき、すぐに沢村の自宅へ向ったのか。
そして、もし沢村が自ら自宅にいると言ったのだとしたら、沢村に死ぬ意思はなく、朱雀に助けを求めただけのはず。
なのになぜ密室だったのか…、と。
答えに窮した朱雀は「だからなんだ!」と苛立ちを現すが、右京は「矛盾点に合理的な説明がつかない限り、事件は終わらない」と言い放つ。
右京 と薫は 朱雀からの連絡で沢村が死んだ現場へ駆けつけた加賀谷秘書官(佐戸井けん太)に改めて事件の夜のアリバイを確認する。
が、説明は曖昧でかなり動揺している。
右京は小野田(岸部一徳)にプレッシャーをかけさせ、ついに加賀谷を自供に追い込む。

 加賀谷によれば、直接手を下し沢村を殺したのは、加賀谷と朱雀。
が、朱雀にはアリバイがある。
右京らはあらためて朱雀の周辺を調べ、沢村殺しの犯人として逮捕しようとするが…。



微妙な解決編
雛子先生も大人しくなった者の、真の意味ですっきりしない事件じゃなかったかな~
そして、結局この事件だけでは亀ちゃん夫婦も元鞘にはならないんじゃないのかなあ。
(あらすじで放置プレイはないよね・・・)

拍手

PR