忍者ブログ
テレビドラマの相棒シリーズの感想を書いているブログです。各キャラクターや映画・漫画・小説などのメディアミックスについても書いています。 リンク・お気に入り・コメント・トラックバックは気軽に。相互もさせていただきます(返信必要な場合は拍手ではなくコメント機能からお願いします。拍手付きのコメントですと、通知機能がないのです><)。

【相棒12 #3】「原因菌」

30日の相棒シーズン12は、
第3話「原因菌」です。

感想
ただ、あらすじだけみてると、亀ちゃんに適したはなしだなーっていう気がしないでもない。
・・・・菌だからじゃないですよ。
て書いたらさらに其のとおりになったなー。
味が違うって。

風刺劇場
・・・いつもながら。
相棒は、世相への突込みがあるフィクションでもあるんですが。
そう、きますか。と。

加熱してるのに生食表示
・・・食中毒の原因をさぐるというのが今回のテーマですが。
ある食品が、食材が菌に冒されているとかそういうんではなくて(いや実際はそうなんだけど)、
この表示矛盾のほうが、問題なんですか右京さん!!!?
と、右京さんが上記について突っ込んだ時点でえええええええええええええ!と。思ってしまった。

とはいえ、動機は。
殺人のほうの動機は、
加熱してるけど生食、ではなく、(加工してるけど)生食を本来使うべき食品に加工食材表示のものを使った。
それをばれるのを恐れて。
結局加熱してるんだから(加工済み使っても)いいじゃないか。
という、右京さんの突っ込みに同意、いわゆるさらに逆手に取った展開。
くあー、かえって痛快すぎるっていうか。
耳に痛過ぎないかこれ(苦笑)
直接の原因は隠蔽という犯人のエゴですが、本当に生なら加工食で代用するという考えは起きなかったかもしれない。ゆえにそれがバレて殺人になることもなかったのかもしれない。
という。本日の風刺。
コエー!!

手一杯
一方で。
食中毒の原因のひとつに、調理マシーンの加熱不具合というのがありました。
製作者は不具合なしとのことでしたが、実は手一杯でちゃんと見ていなかったという事実。
ある意味で、労働問題にもメスどころか刀でもいれそうな・・・・
事業拡大でもして、金増やさないとやっていけない、ゆえにそこまで手が回らない。回してくれる人もいない。おまけに、拡大事業もてんてこ舞い。
言い訳は見苦しいけど、切実だよな・・・

俺は悪くない!
加工会社の社長>加熱にかわりないじゃないか
機械製作所の社長>そこまで手が回らなかったんだ
原材料(原因菌が直接含まれていた食材)販売会社の社長>他店にも出荷してます
レストランの社長>指定時間に保健所が来てくれない
保健所担当者>レストランが検査させてくれない
・・・・・・・なんだこれwwwwwwwwwwwwwww
犯人からちょい役から、容疑者がみんなこんなこというから誰が犯人が最後までわからないっていうwwwwwww

殺人の被害者も食中毒の被害者も、正直者ばかりばかをみて、ぎゃくにちょっとスタッフな気がしないでもない。



うってかわってレギュラー陣関係。
は、結構温和。

参事官はもう怖くない
中園参事官がなんか不憫にすら見えてきた今日www
食中毒がさてテロか?というまだなにも不明の段階。
一課の捜査会議に割り込んでくる右京さん。
杉下!!
と何度起こられてももはやスルーの勢いな右京さんが最強すぎてwwwwwww
内村部長だったらまだ違ったのかなあ・・・
部長よりは理解してくれているのを解ってるからって、不遜よ右京さんwwwwww
舐められてるなあ。ガンバレ中園さん!!

生活安全課
・・・でよかったっけ?今回初登場の刑事さん。
捜査に協力してくれた特命係に好感をもった模様
今後も出番が増えるかしらね。なかなか担当する事件がかぶるってことはないでしょうけど。

けんか腰にならないでイタミン!
そんな刑事さんと捜査方針というか、互いが互いの捜査の邪魔になるってんでけんか腰のイタミンwwww
右京さんは反対に温和で協力的というわけで特命の味方になったという経緯。
三浦さんがいなくなってやさぐれてるのは解るけど、落ち着こうなイタミンww
(違げぇ!と怒鳴り声が聞こえた気がするが気がするだけということで流す)

まあでも、イタミンは其のほうが格好いいから直さなくて良し。私は悪役が好きだ<ん?
・・・っていうか、最初っから柔らかい物腰のイタミンなんて気持ち悪いだけだけどね<え
一方、先輩、ああいう協力の仕方、学びましょうよ。という芹沢君。
ちゃっかり最後に取り調べご一緒にとお誘いをかけておりました。

今回は、生活と一課で喧嘩で、特命が仲裁というかどっちにもきょうりょくみたいな珍しいスタイルですね。


カイト編CM
今日の映画告知CMは成宮さんのインタビューでした。
ステップアップする感じらしい。
今までのものをぶち壊すって・・・・さてどうなるGW



次回
時々俺(カイト)も付いていけない、勝手に踊りだす右京さんのまきwww
今回よりは、やわらかく見たい。と、思う。の、だが。どうかな。
職人ものって感じがするな。ダンサーのプライドっていうか。
ってか、悦子さん趣味かなにかで社交ダンスされてるんですねえ。
カイト君はしないの?

シーズン12関係↓

相棒全シリーズ

今回のあらすじは続きから。
一応、放送前なので今後は下げていきます。



今回のあらすじ
「アプリティーボ」というレストランチェーンで食事をした人が、次々と倒れるという事件が発生した。
どうやら食中毒の可能性が高いが、そんな騒動の最中、食品卸売商社社員・岡谷望(澤山薫)の他殺体が発見される。

 偶然、食中毒の被害者を助けた享(成宮寛貴)は原因菌の捜査に動き始めるが、右京(水谷豊)は殺人事件の捜査へ。
鑑識の米沢(六角精児)によると、望の遺体の首には特徴的な傷があるという。
致命傷ではないようだが、何によってついた傷なのか。


 食中毒の原因菌の捜査をする「アプリティーボ」へやってきた享は、そこで何かを探す右京とばったり遭遇する。
やはり食中毒事件と殺人事件は関係があるの だろうか?
合流した二人は、「アプリティーボ」が調理済みの食品のみを使っていることを知ると、その加工会社「ミヤ食品加工」へと向かう。


「ミヤ食品加工」の社長・円(赤塚真人)によると、「アプリティーボ」の料理に使う材料は望の会社から仕入れており、営業の担当は望だった。
事件当夜、望 が会社に来ることはなかったという円だが、右京はそこでスープやソースを作る「スープトップ」という機械に興味を示すのだが…。


 ほぼ同時に起こった食中毒事件と殺人事件は関連があるのだろうか?
被害者についていた謎の傷跡と料理の味のわずかな変化から浮かび上がってきた二つの事件の犯人とは?


ゲスト:赤塚真人、朝倉伸二、於保佐代子、吉永秀平
脚本:櫻井武晴
監督:和泉聖治




拍手

PR